【大阪】池田市長、庁舎内に私物サウナ設置で謝罪「持病の緩和とリハビリのためだった。公私混同と思われる行動」


冨田 裕樹(とみたひろき、1976年8月4日 - )は、日本の政治家。大阪府池田市長(1期)、大阪維新の会顧問。元池田市議会議員(1期)。 関西大倉高等学校から立命館大学経営学部に進学。高校時代からアメリカンフットボールを始め、大学でも立命館大学パンサーズに所属し、椎間板ヘルニアの負傷からリハビリで復帰した経験を持つ。
6キロバイト (595 語) - 2020年10月24日 (土) 01:18



(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


市長がサウナ持ち込みで使用は良くないですよね…

1 ばーど ★ :2020/10/24(土) 06:13:19.78

 大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が、庁舎内に私物の簡易サウナやトレーニング器具を持ち込み使用していたことが23日、分かった。市長は同日、記者会見し「持病の緩和とリハビリのためだった」と釈明した上で「公私混同と思われる行動だった。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 冨田市長によると、スポーツ障害の後遺症やヘルニアがあり、昨年4月の着任後から昨夏ごろにかけて、治療目的で自転車型トレーニング器具などを市長室の隣の市長控室に設置。今年9月には家族の引っ越しに伴い、自宅にあった簡易サウナを搬入した。

[ 2020年10月24日 05:30 ]
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/10/24/kiji/20201023s00042000648000c.html

関連スレ
サウナ持ち込みの池田市長 自宅あると反論も、報道後も鍋、カセットボンベ、サトウのごはん…★2 [どこさ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603480553/


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts