【議論】日本のアニメキャラの黒人化が海外で流行、『Blacktober』とは?(海外の反応)[R2/10/26]


デブラ・ディッカーソン(英語版)は、「黒人」や「アフリカ系」という語は、奴隷とその子孫に限定すべきだと主張している。したがって彼女の定義によれば、黒人初のアメリカ大統領のバラク・オバマは黒人ではない。 1967年まで、いくつかの州では、先祖に一人でも黒人がいる者は黒人であるとする「ワンドロップ・ルール」があった。黒人
7キロバイト (773 語) - 2020年9月8日 (火) 18:32



(出典 1.bp.blogspot.com)


人種差別が酷い中ですけどアニメキャラが黒人だと海外に人気ですか…?
信じられませんね…

1 ■忍【LV18,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :20/10/26(月)18:03:38 ID:???



*画像やコメントは、リンク先にてご覧くださいませ!!


なぜアニメやゲームなどのキャラクターを黒人化する『Bla*tober(ブラクトーバー)』が流行っているのか?

私が初めて書いたファン・フィクション作品の1つは妹のために書いたものだった。

彼女はロード・オブ・ザ・リングの大ファンであり、オーランド・ブルームが演じたエルフのレゴラスが大好きだった。
なので私は彼に恋をする黒人のエルフが主人公の物語を書いた。

それはロード・オブ・ザ・リングには存在しないキャラクターだ。同作の舞台となった中つ国には黒人がいない。
なので私は妹のために黒人のキャラクターを作り上げた。

自分が好きになったものの中に自分と同じような見た目の存在がいる、彼女がそう感じてくれることが私にとって重要だったからだ。

『Bla*tober(ブラクトーバー)』のコンセプトはまさにそこにある。つまりは自分の愛する作品に自分を重ねたいという願望だ。

現在TwitterやTumblr、Instagramに『Bla*tober(ブラクトーバー)』のハッシュタグの下でアニメやゲームのキャラクターを黒人化したファンアート、
またはそれらのコスプレをした画像が大量に投稿されている。

Bla*tober(Bla*+October)とはファンダムに黒人アートという形で貢献し黒人アートを祝う1か月に及ぶイベントであり、
黒人アーティストや黒人コスプレイヤーがこのイベントに参加できるように作成されたハッシュタグだ。

*ファンダム:趣味・アニメ・漫画・小説・スポーツなどの分野の熱心なファンたち、また熱心なファンによる世界、彼らによって形成された文化

私はこのハッシュタグの創始者の一人であるCelCと話をし、Bla*toberが作られた経緯と、黒人がほとんど存在しない作品の黒人アートを作ることの意味を教えてもらった。

Bla*toberとはある意味で "ファンダムにおける人種差別" への抗議であり、前向きな空間を作り出す努力でもある。

Cel C.がこのハッシュタグを作成した理由の一つに、黒人が十分にレプリゼント(※)されていない作品を題材とした黒人アートに対する中傷や嫌がらせがある。

黒人のコスプレイヤーや黒人のアーティストが自分たちが好きなキャラクターを自分たちのように見えるように「reimagine(再創造)」
したアートに対し、人々は絶え間ない暴言や冷やかしを浴びせてきた。

#Bla*toberは参加者が楽しみながら、このようなファンダムにおける差別と戦うことを目的に作られたのだ。

https://kaikore.blogspot.com/2020/10/bla*tober.html

-------------------------------------
!jien =お知らせ=
【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
*侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)

-------------------------------------


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts