【((( ;゚Д゚)))】道路工事で光ケーブル切断。米大統領選有権者登録システムが停止


公立教養系カレッジとしてトップランクにある。ジョージ・メイソン大学は学生数32,000人と州内最大である。バージニア工科大学とバージニア州立大学はのランドグラント大学である。またバージニア州は40のキャンパスで23の公立コミュニティ・カレッジを運営しており、その学生数は26万人を超えている。私立
173キロバイト (19,898 語) - 2020年6月26日 (金) 23:43



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


道路工事で誤って光ケーブル切断ですか…
大統領選に影響が出るかもだけど、大丈夫ですかね…?

1 ブラッド君(愛知県) [US] :2020/10/15(木) 21:07:34.78


光ケーブルの切断事故で米バージニア州の有権者登録システムが停止
Posted on 2020年10月15日 by DC CAFE

米国バージニア州の光ファイバケーブルが道路工事中に誤って切断され、州のオンライン有権者登録システムが数時間停止する事故が発生しました。
11月の総選挙前に人々が登録できた最終日に起きたこの事件は、弁護士委員会からの訴訟につながりました。
米国の公民権団体は、障害があったことで有権者登録期限を48時間延長する必要があると述べています。

月曜日に、国道10号線沿いの下水道拡張の作業中に、建設作業員が誤って地下のベライゾンが管理する光ファイバケーブルを切断してしまいました。
ケーブルは州のWebサイトにITサービスを提供するVirginia Information Technologies Agency(VITA)の本部であるCommonwealth Enterprise Solutions Centerに接続されていました。
VITAは声明のなかで次のように述べています。「複数の連邦機関のデータ回線と仮想プライベートネットワーク(VPN)接続が停止しました。
現在エンジニアが復旧に向けた対応を行っています。チームは、道路脇で行われていた公共工事の関連作業の際に、光ファイバケーブルが不注意で切断された事実を知りました」
切断事故は月曜日の夜に発生し、現地時間午後3時45分にサービスは再開されましたが、あいにく今回の停止は、州が登録を促すための大規模な広報活動を行い、
多くの市民が投票登録を行おうとしていた日に起こりました。投票締め切りに近づいていたことで、多くの人々は登録の延長を要求しました。
「救済措置がなければ、2020年10月13日にオンラインから有権者登録を試み、自身の過失によらず投票できなかった有権者は、次の選挙で完全に権利を剥奪されるだろう」
と弁護士委員会の訴訟ではこのように述べています。
バージニア州は、世界で最もデータセンターが集中している場所です。世界中のインターネットの70%は、バージニア州北部から流れていると考えられています。

Data Center Dynamics

https://cafe-dc.com/security/cable-cut-causes-outage-virginias-online-voter-registration-system/
https://i0.wp.com/cafe-dc.com/wp-content/uploads/2020/10/shuttersto*_1554186215.jpg

https://kbc.co.jp/news/detail.php?id=202010020622_0001


続きを読む

Related Posts