【野球】巨人・岩隈、今季限りで現役引退


岩隈 久志(いわくま ひさし、1981年4月12日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。 日本プロ野球(NPB)ではパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の大阪近鉄バファローズ・東北楽天ゴールデンイーグルスでエー
86キロバイト (11,668 語) - 2020年10月19日 (月) 06:37



(出典 www.nikkansports.com)


残念ですけど右肩痛で引退時と感じたかもですね…
お疲れ様でした!

1 首都圏の虎 ★ :2020/10/19(月) 13:54:58.64 ID:CAP_USER9.net

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、分かった。日米通算21年間で170勝を挙げ、19年に日本球界に復帰した右腕がユニホームを脱ぐ。

 全盛期は「精密機械」と評されたほどの制球力を誇り、メジャーで活躍する選手の平均を上回った。近鉄、楽天を経て、12年にマリナーズに移籍。変化球を低めに集めてゴロアウトを多く取るクレバーな投球術で、大リーグの強打者を牛耳った。15年にはノーヒットノーランを達成し、メジャーでは63勝を挙げた。

 09年の第2回WBCでは世界一連覇を達成。当時は松坂(現西武)、ダルビッシュ(現カ*)とともに3本柱を担い、韓国との決勝の先発も任されて7回2/3を2失点に抑えたのも輝かしい戦歴だ。

 04年の近鉄時代には、当時のプロ野球記録となる開幕投手からの12連勝を挙げた。オリックスとの合併問題に揺れる中、皮肉にも翌年以降に破られることのない球団記録を23歳の岩隈が次々と樹立していくのは近鉄ファンにとって、まさに希望の光だった。

 17年9月に右肩手術を受け、メジャー復帰を目指したが登板することなく翌年9月にマリナーズを退団。19年に移籍した巨人でも、ネットスローやブルペン投球など懸命のリハビリを続けてきた。だが1軍登板には至らず、日米を沸かせた右腕が惜しまれながらもグラウンドを去る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/25e658c424577aacea14f72d50b213455de73a89


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts