【テレビ】『鬼滅の刃』オタク激怒! 『逃走中』ユーチューバーが声優に失礼行為


下野 (しもの ひろ、1980年4月21日 - )は、日本の男性声優、歌手。東京都出身。アイムエンタープライズ所属。 高校時代は演劇部に在籍。日本ナレーション演技研究所在学中に事務所オーディションを受け、アイムエンタープライズ所属となった。 2001年、ゲーム『リリーのアトリエ〜ザールブルグの錬金
246キロバイト (24,146 語) - 2020年10月6日 (火) 10:03



(出典 news.biglobe.ne.jp)


YouTuberが鬼滅の声優に失礼な事をするとは…
鬼滅オタクを怒らすのは良くないです…

1 jinjin ★ :2020/10/16(金) 23:21:07.66

『鬼滅の刃』オタク激怒!『逃走中』ユーチューバーが声優に失礼行為


10月11日放送の『逃走中』(フジテレビ系)に出演したユーチューバー・ゆんが、アニメオタクの怒りを買って炎上してしまった。

この日、番組には『鬼滅の刃』の声優・下野紘が、多くのTVタレントに混ざって参加していた。
逃走する中で下野と遭遇したゆんは、「めっちゃ探してたんです! 鬼滅の刃が大好きで…」と感激した様子で接する。

15歳年下の若い女子に、下野が「そうなんですか!?」とまんざらでもなさそうな顔を浮かべると、ゆんは「その中でも善逸推しなので」と下野が声を担当するキャラが好きだと明かした。


さらに、ゆんは「善逸さんやっていただけますか?」と、その場でセリフを要求。
下野はデレデレ顔でこのリクエストに答えたが、大声をあげたことでハンターに見つかってしまう。

結局、その場にいた1人が逃げ切れず捕まってしまったのだが、確保されたのはモデルの香音。
同じく「鬼滅の刃」の善逸推しである彼女は、2人のやりとりを遠目に眺めており、〝セリフリクエスト〟のとばっちりを受けたのだった。


名前ですら呼ばない人権侵害に激怒!

香音が確保される引き金を作ったことで、ゆんには視聴者から非難が集中。
また、〝本物〟に声のリクエストをする、名前ではなく役名で呼ぶという点がアニメオタクの怒りに火をつけ、

《下野さんは『下野さん』であって『善逸』ではない》
《ゆんさんそこで頼むのはダメなんじゃ…》
《ゆんちゃんそこで頼むのはダメやろ… しかも叫ぶ系って注文も… しもんぬに会えて嬉しいのは分かるけど》
《ああいう「やって下さい~~~」っての本当嫌い。失礼》
《下野さんのこと善逸呼ぶ人って善逸のキャラデザ好きなだけだろ もし褒めるならキャラも好きだけど、声優である下野さんがやる事で更にキャラの良さが輝いて好きって言うんだよ》

など、親の仇のごとくバッシングされてしまった。


しかし、この点には一方で

《一般の人から見たら「下野さんって誰?」って謎を説いてくれたと思う》
《善逸さんって呼んだのは 仕方がないことだと思うけどなぁ 鬼滅からしもんぬ知った人はそー思っちゃうと思うし》
《ゆんはゲームにも貢献してたし、あのくらいのわがまま許してやるべきだよ》

といった擁護も見られている。


「声優がバラエティーに出演したら、挨拶代わりに代表作の声を披露するのは定番の流れ。でないとアニメを見ない一般視聴者にはどこの誰かも分かりませんし、これくらいは許してあげるべきでしょう。役名の件は俳優でもよくあることで、武田鉄矢は未だに『金八先生』、米倉涼子は『大門先生』などと言われますからね」(テレビ誌ライター)

タレントが声優を務めた時、必ず上がる批判に「声優の仕事を奪うな」というものがある。
これと同様、ユーチューバーながらタレントの枠を奪ったゆんは、そもそも視聴者の印象が良くなかったのかもしれない。


https://myjitsu.jp/archives/136634


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts