韓国、宇宙開発計画への参加の意思を伝えるもヘイト集団NASAが無視


UAE アラブ首長国連邦の英語(United Arab Emirates)略称 子宮筋腫の治療法 子宮動脈塞栓術 (Uterine Artery Embolization) 修復不可能なアプリケーションエラー (Unrecoverable Application Error)
599バイト (62 語) - 2013年3月9日 (土) 20:01



(出典 amd.c.yimg.jp)


宇宙開発計画に韓国も参加意思があるのにNASAが受け入れないのはね…

1 エネモ(神奈川県) [GB] :2020/10/16(金) 13:55:01.26


米国航空宇宙局(NASA)は13日、月面基地の平和的な運営と月資源の開発協力などを盛り込んだアルテミス協定の署名を完了したと明らかにした。アルテミス計画は1969~72年の米国有人探査以降、半世紀ぶりに人類が再び月を探査するという計画だ。

今回の協定には米国・日本・英国・オーストラリア・カナダ・イタリア・ルクセンブルク・アラブ首長国連邦(UAE)など8カ国が署名した。

人口960万人のUAEが含まれたのは異例だ。UAEは2014年宇宙庁を設立し、2018年まででさえ韓国の人工衛星製作企業SI(サトレック・イニシアチブ)社から衛星の輸入や技術を移転を受けていた国だ。UAEに人工衛星技術を伝授し、月面探査計画も進めている韓国は今回の協定に名刺すら出せなかった。 中略

これまで韓国が何もせずに見物だけしていたわけではない。2018年末、韓国政府は関連プログラムに参加するという意思を明らかにする書簡をNASAに送った。だが、それだけだった。韓国の無人月探査日程はゴムひものように伸びて延期になるということを繰り返した。

第2段階である月着陸計画はますます霧の中だ。「今後の動向を見守って決める」というのが当局の立場だ。 以下略

中央日報日本語版 2020.10.16 09:43
https://japanese.joins.com/JArticle/271250


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts