竹中平蔵「東京都を解体しましょう、都知事を政府が任命して国の直轄地にしたい」


竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 - )は、日本の実業家、政治活動家、経済学者。 パソナグループ取締役会長、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカデミーヒルズ理事長、日本経済研究センター研究顧問、外為どっとコム総合研究所主席研究理事、特定非営利活動法人
82キロバイト (10,932 語) - 2020年10月16日 (金) 06:45



(出典 bunshun.ismcdn.jp)


政府任命の知事で東京を国の直轄地とは…
それで良いのでしょうかね…?

1 けいちゃん(やわらか銀行) [US] :2020/10/15(木) 22:09:46.30


”竹中平蔵が新たな提言「都知事は政府が任命。東京を日本政府直轄地にせよ」

「都知事は政府が任命する」
「具体的には、東京を特別区にして日本政府直轄にする。つまり、
アメリカの首都『ワシントンD.C.』のような存在にするのです。
ワシントンD.C.は他の州とは異なり、連邦政府が管轄権限をもつ区域を置くことが
合衆国憲法1条に記されています。こうした首都のあり方は、いま盛んに言われている
地方分権の議論とも絡んできます。それを先取りする形で、まずは東京都を日本政府直轄の特別区とする。
さらに、都知事は『東京都担当大臣』として政府が任命する――それぐらいドラスティックな変革があってもいい。

 もちろん、自治体のあり方は、地域住民が安心して生活を送れるという点が第一です。
ただ、それに加えて東京は、日本の“戦略的基地”という意味合いも持ちます。東京は、それくらい特別な場所なのです」
https://bunshun.jp/articles/-/40847


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts