【漢字】書き順が分かりづらい漢字ランキング、3位「潟」、2位「飛」、1位は? RankinClip調査


当用漢字(廃止) 常用漢字 - 教育漢字 - 人名用漢字 表外漢字字体表(印刷標準字体) - 表外漢字字体表の漢字一覧 漢字検定 日本における漢字 和製漢字 大漢和辞典 国字 おもしろ漢字ミニ字典 神代文字:漢字伝来以前に日本にあったとされる文字。偽作説が有力。 朝鮮 朝鮮における漢字 朝鮮漢字音 漢文教育用基礎漢字(大韓民国)
46キロバイト (6,798 語) - 2020年10月10日 (土) 15:02



(出典 prtimes.jp)


漢字の画数が多いと書き順を間違えるのですよね…
小学生の時にしっかり勉強しないといけなかったですよね…

1 Buzzy Mozzie ★ :2020/05/20(水) 12:30:27.74

大人になるとパソコンで作業する時間が多くなる一方で、学生時代、嫌というほど握りしめていたシャーペンやボールペンとは縁遠くなる。ブラインドタッチができるようになった代わりに、ちょっとした漢字が書けなくなったり、書き順が思い出せなかったりするビジネスパーソンは意外と多いのではないだろうか?

そこで今回、WEBサイト「RankinClip(ランキンクリップ)」によるアンケート調査で明らかになった「書き順が分かりづらい漢字ランキング」を紹介していきたい。

書き順が分かりづらい漢字ランキング

(出典 dime.jp)


■第1位:凸
両端が低く、真ん中が高い状態を意味する「凸」。若者言葉だと「突撃する」「会いに行く」という事を意味する「凸る」という使い方もされる。一度もペンを離さず「一筆書き」も出来そうな、不思議な漢字だが正しい画数は「五画」。正しい書き順は、左側の横棒から始まる。

(出典 dime.jp)


■第2位:飛
地上から離れる事を意味する「飛」。中の部分から書くのか、上の部分から書くのか迷うところかもしれない。正しい書き順は、上の部分から。

(出典 dime.jp)


■第3位:潟
海岸の潮の満ち引きにより、砂で海と別れて出来た水たまりを意味する「潟(かた)」。多くの人は「新潟」という県名で、見たことがあるはず。正しい書き順は、左側の「氵(さんずい)」を書き、その次に「臼」を書いていく。

(出典 dime.jp)


4位以下の結果は次の通りだ。

第4位:必
第5位:成
第6位:右
第7位:田
第8位:図、画
第10位:書、年、様、令
第14位:発、長、上
第17位:火、左
第19位:九

<調査概要>
集計期間:2019年12月17日~2020年1月23日
集計方法:RankinClip編集部にて独自の設問を作成し、RankinClipのサイト内にてアンケートを行いその結果を集計した。

出典元:兼松グランクス株式会社

2020.05.20
https://dime.jp/genre/915401/

https://edmm.jp/53807/


続きを読む

Related Posts