韓国大手KT&Gの加熱式たばこ「lil(リル)」が日本輸出へ


KT&G(ケイティーアンドジー)は、大韓民国唯一のタバコ製造会社。本社は大田広域市に置く。韓国内でのタバコ販売シェアは8割近く、世界市場でも6位の位置につける(2003年現在)。 1899年に創設された李王朝の宮内部内蔵院参精科が源流である。日本統治時代には朝鮮総督府専売局、日本統治の終了後は専売庁
5キロバイト (625 語) - 2020年5月10日 (日) 00:54



(出典 img.khan.co.kr)


韓国製の電子タバコが日本へ輸出ですか…
日本が同意するでしょうか…?

1 レンザブロー(光) [CN] :2020/10/08(木) 09:41:43.88


韓国大手のKT&Gの加熱式たばこブランド「lil(リル)」が日本市場に進出する。

7日たばこ業界によると、KT&Gとフィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)は今月、日本で加熱式たばこ「lil SOLID(リル・ソリッド)」を発売する予定だ。
すでに初回物量を船積みしたことが分かった。「lil」の輸出はロシア、ウクライナに続き3番目だ。PMIの日本流通網を通じて販売される予定だ。

日本は世界最大の電子たばこ消費市場だ。主要なグローバルたばこ企業が日本で激しく競争している。
市場調査企業ユーロモニターによると、昨年日本の加熱式たばこ市場は85億9200万ドル(約9105億3000万円)で前年比11.5%成長した。
2位の韓国市場(16億ドル)に比べて5倍以上大きく、世界1位市場となっている。
日本は液体(リキッド)式電子たばこが許可されておらず、加熱式たばこを中心に市場が形成されている。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/270962?servcode=300§code=320

https://www.heathongkong.com/products/lil-plus-korea


続きを読む

Related Posts