サムスン 7-9月営業益12兆3000億ウォン(1兆1260億円)前年比58%増!アナリスト予想を大幅に超える


サムスン電子株式会社(サムスンでんし、朝鮮語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、韓国の会社で世界最大級の総合家電・電子部品・電子製品メーカーであるサムスングループの中核会社。スマートフォン・薄型テレビ・NAND型フラッシュメモリ・DRAM
50キロバイト (5,926 語) - 2020年10月4日 (日) 09:05



(出典 pc.watch.impress.co.jp)


サムスンの利益が前年より上とは意外ですね!
スマホが売れるって事ですね?
さすがです!

1 レイミーととお太(騒) [US] :2020/10/08(木) 12:09:14.87


サムスン営業益58%増 7~9月、スマホ販売が急回復
2020年10月8日 10:08

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が8日発表した2020年7~9月期連結決算の速報値は、
営業利益が12兆3000億ウォン(約1兆1260億円)と前年同期比58%増えた。
スマートフォン販売が急回復し、スマホに搭載する半導体やディスプレーも好調だった。
7四半期ぶりに営業利益10兆ウォンを回復した。
売上高は前年同期比6.5%増の66兆ウォンと、過去最高だった17年10~12月期に並ぶ水準だった。
7~9月期の純利益や事業別の収益は、10月末に発表予定の決算確報値で公表する。

韓国の証券会社23社による9月末時点の7~9月期の営業利益予想の平均値は10兆2600億ウォンだった。
8日発表の速報値は市場予想を約2割上回った。
4~6月期に好調だった半導体メモリーはデータセンター投資の一服感から伸び悩んだものの、
代わってスマホ部門が業績回復をけん引した。韓国有進(ユージン)投資証券の試算によると、
7~9月期のスマホ出荷台数は8000万台とコロナ前の水準に回復。
都市封鎖でオンライン販売を強化したことでマーケティング費用を抑え、収益増につながった。

自社スマホの出荷増により、半導体やディスプレー部門も恩恵を受けた。
社内でスマホから主要部品の生産までを手掛けるサムスンの垂直統合型モデルの強みが生きた。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO64756370Y0A001C2MM0000?disablepcview

http://magisuka.info/archives/7373418.html


続きを読む

Related Posts