子育てのプロ「怒るのではなく叱れ。その場で短くシンプルに。目を見て低い声で。人格否定はNG」


子育て(こそだて)とは、子を育てることである。 人間の発達過程は、一般的に、乳児期、幼児期、児童期(学童期)、青年期(青少年期)、壮年期、中年期、老年期に区分される。 子育ては乳児期から青年期の子を対象とする。これに対して、「育児」という場合、(基本的には)主として乳幼児を育て
19キロバイト (2,680 語) - 2020年9月2日 (水) 17:27



(出典 amd.c.yimg.jp)


子供の叱り方に注意しないとグレたりで困りますからね…
子育てのプロの方々を参考にする方が良いでしょうね!

1 わくわく太郎(東京都) [CO] :2020/10/03(土) 21:04:10.83


「怒るのではなく叱りましょう」というのは、よく言われていることですよね。でも、具体的にどうしたら「叱る」になるのか、よくわからないというかたもいるでしょう。そもそも、怒ると叱るの違いとは何なのでしょうか? そんな疑問を解決して、上手な叱り方を身につけましょう。

「怒る」は自分の感情をぶつけるもの「叱る」は相手へのアドバイス
「怒る」と「叱る」は、このような違いがあります。

怒るは、感情的に自分のイライラや怒りをぶつけるもの。
叱るは、相手のためを思いアドバイスをしたり注意をしたりするもの。

つまり、怒るは自分のために、叱るは相手のためにするものとも考えられます。でもこれは、相手の受け取り方によっても違うでしょう。いくら相手のためを思って「叱った」つもりでも、相手にとっては「怒られた」と受け取られる可能性もあります。

もちろん子どもの場合は、その違いが明確にわかっているわけではないでしょう。でも、大人の伝えたいことを正確に子どもに伝えるためには、「伝え方」も大切。それでは、どのようにすれば上手に叱ることができるのでしょうか。

その場で短く目を見て……叱る時のポイント
「怒る」ではなく「叱る」にするには、以下の点に気をつけてみましょう。

・その場ですぐに
叱りたいことがあった時は、すぐに伝えましょう。時間がたってしまうと、子どもは覚えていないことがあります。これでは意味がありませんよね。いけないことを理解してもらうために、記憶に残っている「その時」に伝えるようにしましょう。

・短くシンプルに
指示やアドバイスは、短くシンプルなほうがわかりやすいです。「道は危ないから飛び出しません」「今はイスに座る時です」というように、要点だけをわかりやすく伝えるようにしましょう。それ以上のことは必要ありません。理由をわかってもらおうと長々説明してしまいがちですが、ぐっと我慢して「一番伝えたいこと」だけに絞りましょう。

・目を見て低い声で
叱る時は、子どもの目線に立ち、きちんと目を見て話しましょう。「あなたに伝えています」とわかるようにすることが大切です。また、声は低く落ち着いたトーンにすると◎。大声で怒鳴るのは、いくら相手のためを思っていても「怒る」と同じになってしまいます。お子さまのプライドを傷つけないために、周りに聞こえないようにすることも忘れずに。

・余計なことを持ち出さない
ご飯のことで叱っていたのに、いつの間にか忘れ物の話になっていたということはありませんか?
 「昨日もそうだったでしょ」と、前日のことを持ち出してしまうこともあるでしょう。これはNG。言われることが増えれば増えるほど、何のことで叱られていたのかわからなくなってしまいます。過去のこと、他のことは持ち出さず、今目の前のことだけを伝えるようにしましょう。

・人格は否定しない
叱る時は、子どもの「行動」を叱るようにし、子ども自身を叱らないようにしましょう。
「それはやったらダメです」はOKですが、「そんなことやって〇〇ちゃんはダメだね」はNGです。「自分はダメな子なんだ」と自信を失ってしまうかもしれないので、注意してください。

いかそ

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f18a7943cfe6d384b3b9d7d0f22f68a6c21938e


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts