竹内結子さん、家族と普段通り明るく夕食。一時間後に遺体で発見…これ何かの呪いだろ


竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年4月1日 - 2020年9月27日)は、日本の女優、ナレーター。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。最終所属はスターダストプロモーション。夫は俳優の中林大樹。 中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する。 1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー。
39キロバイト (4,486 語) - 2020年9月27日 (日) 14:40



(出典 news.biglobe.ne.jp)


家族団欒の1時間後に急逝とは…
原因が解りませんね…
本当にお気の毒です…
ご冥福をお祈りいたします…

1 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [CN] :2020/09/29(火) 18:12:18.77


竹内結子さん、空白の1時間…家族と普段通り明るく夕食、その後何が

女優の竹内結子さん(享年40)の訃報から一夜明けた28日、竹内さんが家族との夕食後、一人になってから発見されるまで約1時間が経過していたことが分かった。
夕食時には家族と普段通り過ごしていたという竹内さん。「空白の1時間」に一体何があったのか。
警視庁はショックを受けている家族が落ち着いてから詳しい経緯を聞く方針だ。

竹内さんの自宅マンションは室内が2階建て構造のメゾネットタイプ。
竹内さんは26日、夫で俳優の中林大樹(35)、長男(14)、次男(8カ月)の家族と一緒に普段通り過ごし、夕食後、寝室のある2階に一人で上がったという。
しばらくして様子を見に行った中林が寝室で、竹内さんがぐったりしているのを発見。
27日午前1時57分に「妻がぐったりしている」と119番通報した。
救急隊員が到着した時にはすでに心肺停止状態で、遺書などはなかったという。

捜査関係者は「夕食を終えた竹内さんが2階に上がり、中林さんに発見されるまで1時間ほどあったと聞いている。
その間、家族は一度も竹内さんの姿を見ておらず、様子は全く分かっていない」としている。家族と一緒にいた時は変わったところはなかったといい
「夕食時も変わらず明るく会話していたそうだ。そのわずか1時間後の急変だけに、家族は大きなショックを受けている」という。

悲しみに暮れる家族はこの日も都内の斎場で遺体に付き添った。
捜査関係者は「ご家族が竹内さんを見送った後、落ち着いたタイミングで改めて詳しい経緯などのお話を聞くことになる」と話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b06c05662bdff56686757b5e58fcb2c6d2e2636b


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts