「右折レーンで待っているときにバッテリーが上がってびっくりしました」久美子さん=ジャーナリスト


ので、のちに捕手をも含む語となった。以下の作品の題名はこれを意味する。 バツ&テリー - 大島やすいちの漫画。登場人物の名もバッテリーにちなむ。 バッテリー (かわぐちかいじの漫画) - かわぐちかいじの漫画。 バッテリー (小説) - あさのあつこの小説、およびそれを原作とした派生作品。
2キロバイト (226 語) - 2020年9月2日 (水) 01:49



(出典 amd.c.yimg.jp)


右折レーンなどで急にバッテリーが上がると後ろの車などが迷惑したりで、どうしようかと慌ててしまいますよね…
バッテリーが上がる前に対策を考えないと…ですね…

1 リバビリン(東京都) [US] :2020/09/27(日) 10:05:57.68


2020年4月以降、バッテリー上がりのトラブルが急増しています。JAFのデータによると、4月以降に急増していますが、いったいなにが理由なのでしょうか。

【画像】バッテリー突然のトラブル発生!? 未然に防ぐためにできることは(10枚)

JAFでは毎月ロードサービスの出動理由と件数、シェア割合を公表しています。一般道路における出動理由のトップは長年、「過放電バッテリー」(バッテリー上がり)です。

 そして、このバッテリー上がりによる出動が2020年の春以降、急増しています。

 JAFのロードサービスの出動理由における「バッテリー上がり」の各月の割合を見ると、2020年4月は41.76%(前年:35.98%)、5月は42.46%(前年:33.74%)、
6月は35.35%(前年:31.84%)、7月は29.91%(前年:29.56%)、8月は29.85%(前年:29.75%)となっています。

 7月以降はだいぶん落ち着いてきていますが、とくに多い5月は9ポイント近くも増えています。バッテリー上がりが増えたのは、ちょうど外出自粛から自粛解除の時期にほぼ重なっているようです。

 4月から5月は高速道路の交通量も激減しており、高速道路の平均交通量は全国平均で昨年の3割から4割程度にまで減っていました。まさにその減少した交通量に比例するかのように、バッテリー上がりの救援依頼が集中していたのです。

 外出自粛でクルマでの長距離を走行する機会も大幅減少、バッテリーの走行充電を十分おこなうことができず、過放電状態となってエンジンがかからなくなり、JAFのロードサービスを呼んだ人が増えたと考えられます。

 併せて、昨今の煽り運転対策としてドラレコを使う人が急増したこともバッテリー上がりを増やす理由のひとつになっているといえるでしょう。

 ところで、このバッテリー上がりは、近年、予兆なしに突然来ることが増えているようです。

 筆者(加藤久美子)も道路の真ん中、右折レーンで待っているときに止まってしまった経験があります。自宅の駐車場ならまだしも、走行中にバッテリーが上がると非常に困ります。事前にわかる方法はないのでしょうか。

いかそ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b708aa45d90c6540fd290a2f5e25726b2dad147f


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts