兵庫県名物 揖保乃糸と丹波黒枝豆を紹介します

 

28e377d4eac5129118e70b04a62cd623 s - 兵庫県名物 揖保乃糸と丹波黒枝豆を紹介します

 

私の街の名物料理ですが、兵庫県で特に乾麺の他生めんの製造が盛んなエリアに住んでおり、麺類を使用した名物料理をレビューします。

 

揖保乃糸 庵

 

兵庫県で有名な麺料理といえばまず、そうめんがあげられます。

 

揖保乃糸は皆さん聞いたことがあると思いますがその揖保乃糸を使用した料理が味わえるお店があります。

 

揖保乃糸庵というお店なんですが、このお店が揖保乃糸を扱って手料理をふるまってくれるお店です。

 

主な料理は麺料理で有名なものはそうめんを利用した料理で温かい丹生麺、冷たい冷麺が味わえます。

 

ちなみに麺料理であればほとんどの料理があり、そうめんだけではなくラーメンも麺料理として味わえます。

 

お勧めの麺料理としては丹生麺がおすすめの料理で何故暖かい丹生麺かというと、丹生麺はそうめんを温かい状態でいただくのですが、そうめんは温めると伸びやすくふやけやすいので調理が難しいのです。

 

それを麺がふやけることなく、ある程度腰を残しつつ柔らかい触感を出しているので丹生麺をお勧めしたわけです。

 

具材はかなりシンプルですがおいしかったです。

 

ちなみにですが、ラーメンも実はこの揖保乃糸から派生して生まれたものでしてラーメンも腰がありおいしいです。

 

高級な丹波黒枝豆のお話

 

4ae0ec3af01e480ab36a6c9e436491de s - 兵庫県名物 揖保乃糸と丹波黒枝豆を紹介します

 

兵庫の丹波には高級な枝豆があるのを皆さんは知っているでしょうか。

 

丹波黒枝豆という枝豆でして兵庫県で流通していた枝豆です。

 

この枝豆を使用して料理を作っているお蕎麦屋さんが丹波にありまして一会庵というお店が結構有名です。

 

主な料理はざるそばや暖かいおそばなんですが、それに付属している料理が枝豆で丹波の黒枝豆であるということです。

 

ただ単に塩ゆでしただけの枝豆ですが高級品な枝豆でかなり普通の枝豆と比較すると味わいが深く豆の良い香りが広がります。

 

ただし、外見はものすごく悪くて、一見黒ずんでいる豆ですので腐っているのではと勘違いする人も多くおり厳密に言うと腐っているのではなく、作っている豆が黒豆の枝豆であり、作るのが難しい豆であるということです。

 

これは兵庫県内で流通していたんですが、現在よその都道府県にも多く持って行っている特産品でしてそれを味わうことができるお蕎麦屋さんが丹波の一会庵というお店であるということです。

 

c8d5ce299a07c794aec035947632ff00 s - 兵庫県名物 揖保乃糸と丹波黒枝豆を紹介します

 

ちなみに、このお店はおそばを売りにしていて、兵庫県でも結構有名なお蕎麦屋さんです。

 

兵庫県はおそばとか麺類が激戦区なので今回は違った紹介方法としておそばに注目するのではなく黒枝豆に注目してレビューしました。

 

おそばは自分で挽いた100パーセントのそば粉を使用しておりかなりおそばの香りが強く残る印象のおそばです。

 

まとめ

 

兵庫県はかなり広い領域にお蕎麦屋さん、うどん屋さん、ラーメン屋さんがありまして、製麺所が多い麺料理の激戦区です。

 

その為、駅ちょっとでも駅を跨ぐと何かしら有名なお店があり行列ができています。

 

その為今回は都会から離れている田舎に近い麺類のお店を紹介しました。

 

都会の場合、お店の移り変わりが激しいため、レビューを書いたお店がつぶれていることも多いので今回は田舎の方の麺料理屋さんを紹介しました。

 

両社ともに有名なお店であり、兵庫の特産品を扱っているお店です。

 

ただ、やはり、有名なお店ですので遠出してきた際に売り切れてしまっていることも多いので、できるだけお昼前にはお店につくようにしておいたほうが良いでしょう。

 

珍しいものとしては丹波の黒枝豆が珍しいでしょうが元々は自家製のおそばがウリで香りの強い口当たりの良いおそばが一会庵のウリです。

 

おそば好きの人であれば十分おそばの香りと味わいを味わえるでしょう。

 

揖保乃糸の揖保乃糸庵については、兵庫県内であればそうめんとして売られておりますのでお土産としても購入できるそうめんです。