【MLB】大谷翔平 本拠地最終戦「5番・DH」も2打数無安打で打率は・193…チームは逆転勝ち、残り5試合


バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
137キロバイト (19,309 語) - 2020年8月25日 (火) 21:16



(出典 ichigen-san.cocolog-nifty.com)


大谷、フリー打撃で最長不倒距離に迫る一発 - SANSPO.COM(サンスポ)
https://www.sanspo.com/baseball/news/20190810/mlb19081013060012-n1.html


大谷選手、打率はいまいちですね…
チームは勝って良かったですけど…
また頑張ってください!

1 ひかり ★ :2020/09/22(火) 10:38:31.49

 ◆メジャーリーグ エンゼルス8―5レンジャーズ(21日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が21日(日本時間22日)、本拠地・レンジャーズ戦に「5番・指名打者」でフル出場。19日(同20日)の同カードで7試合ぶりに先発に復帰してから、3試合連続でのスタメンとなったが、2打数無安打で、4打席快音は響かなかった。9打席連続無安打となり、打率は1割9分3厘になった。

 1、2打席目は昨季対戦して3打数2安打だった先発右腕・ギブソンとの対戦だった。2点を追う2回先頭の1打席目は四球。1点差に迫るホームを踏んだ。1―3となった4回無死一塁の2打席目も四球で出塁。スタッシの適時打で再び生還した。このイニング、ウォルシュの8号満塁本塁打が出るなど打者一巡の猛攻で7点を奪って逆転。大量得点につながった。

 5回先頭の3打席目、7回1死三塁の4打席目は2打席連続で空振り三振。3打席目は2番手右腕・ハーゲットの外角96・3マイル(約155キロ)を振らされ、3打席目は4番手右腕・グッディーの甘く入ったスライダーだったが、タイミングが合わずに空振り三振を喫した。

 この日が本拠地最終戦。一時は2点のリードを許したが、4回に7点を奪って逆転し、逃げ切った。24勝31敗の借金7で、残りは5試合。敵地でのパドレス2連戦、ドジャース3連戦と、ともにポストシーズン(PS)進出をすでに決めている強豪との対戦になる。大逆転でのPS進出へは望みをつないだ。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/0a6f31217a01a20fde966858c1534a19fa79c3eb


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts