【福岡】パンタグラフ取付ミスで車両火災。普段取付やらない部署が担当。


九州旅客鉄道株式会社(きゅうしゅうりょかくてつどう、英: Kyushu Railway Company) は、九州地方を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。1987年4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。通称はJR九州(ジェイアールきゅうしゅう)、英語略称はJR
146キロバイト (16,354 語) - 2020年9月25日 (金) 17:47



(出典 saga.ismcdn.jp)


普段パンタグラフの取り付けをしない部署が担当って、素人達が取り付けしたって事ですか…?
どういう分担でしょうかね…?

1 プロストラチン(愛知県) [US] :2020/09/25(金) 07:13:08.66


23日に出火した福岡空港行き列車、パンタグラフ交換作業ミス 全車両一斉点検へ
2020/9/24 23:23 佐賀新聞

23日朝に福岡市中央区の福岡市地下鉄空港線の赤坂駅で、JR九州が所有する停車中の西唐津発福岡空港行きの列車から出火した問題で、
この列車が11日に佐賀県唐津市の西唐津駅構内の車両基地でパンタグラフが変形した列車と同じだったことが24日、JR九州への取材で分かった。
パンタグラフの交換作業を誤っていたことも判明。同社は今後、JR筑肥線を走る全車両を一斉点検する。
JR九州によると、11日は基地内で列車の移動作業中、「ドン」と音がしてパンタグラフが変形。翌12日の始発前にかけて別のパンタグラフに付け替える際、
架線からの電気を車両に伝える端子とそれを補強する部品を取り付ける6カ所のうち、5カ所で誤った取り付け方をしていた
。同基地でのパンタグラフの交換は2016年以来で、このミスが今回の直接的な原因かどうかは調査中としている。
一斉点検については「時期などは決まっていないが、運行に支障がない時間帯に実施する」と説明した。
筑肥線を走る全13編成について故障の有無を確認し、不具合の原因を調べる。

JR九州の青柳俊彦社長は、24日に福岡市で開いた記者会見で「走行中の火災で心配をかけ、地下鉄が止まることで不便をかけたことを大変申し訳ないと思う」と謝罪した。

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/578704
出火して溶けた、パンタグラフから車両に電気を流す接合部分

(出典 saga.ismcdn.jp)


(出典 saga.ismcdn.jp)


https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000193871.html


続きを読む

Related Posts