高知の大黒堂のかつおの塩たたきが絶品

 

 

グルメと言うと、いろいろな地域が浮かぶことと思います。

 

例えば、高知と言うとやっぱりかつおのたたきですね。

 

以前は、そのかつおのたたきをポン酢で食べることが多かったのですが最近では、塩で食べることが多くなっています。

 

しかもこれの絶品という居酒屋があります。

 

それは大黒堂というところです。

 

大黒堂はいろいろな料理が美味しいのですが、特におすすめしたいのはなんといってもかつおの塩たたきです。

 

ここでは、その塩たたきについてご紹介します。

 

塩の方が味が引き立つ

 

かつおの場合は、少し癖のある生臭さが目立つことがあります。

 

ちょっと古いものであったりすると、特にすぐにわかります。

 

特に高知県人は、魚については新鮮なものを食べていることが多く、新鮮でないところはあまり行きたがりません。

 

それはもちろんなのですが、たくさんのかつおのたたきを出している店の中で、ここが新鮮で美味しいという人が多いのです。

 

塩で食べることが出来るのは、新鮮なかつおがある証拠です。

 

塩たたきを食べるとまた食べたくなる

 

一度ここの塩たたきを食べることにより、また食べたくなります。

 

大きくカットされたかつおを見ると、こんなに食べることが出来るのかとちょっと不安になることもあるんですね。

 

ところが、口に含むとそのままどんどん食べたくなる味です。

 

新鮮なことはもちろんのこと、その風味を味わうことができるからです。

 

藁で焼いた香りや、新鮮であるからこそそのかつおの旨みを実感することができます。

 

かぼすとにんにくがアクセント

 

 

ここでは、塩たたきと一緒に出されるのがすだちとにんにくです。

 

にんにくは、かつおの旨みをぐっと引き立たせてくれます。

 

にんにくの強烈な旨みと、かつおの本来の味が一緒になり良いコンビネーションを奏でてくれます。

 

豪快に一口で味わうのもよし、数回に分けて食べることもできます。

 

しかしそこはやっぱり、豪快に食べることをおすすめします。

 

豪快に食べることにより、かつおをしっかり堪能することができます。

 

高知県人は、刺身にしてもかつおのたたきにしても少し厚めにカットすることが多いです。

 

豪快な性格な人が多い高知県人ならではの食べ方ですが、それがまた美味しいです。

 

後をひく美味しさとはこのことです。

 

臭みが全くない

 

 

かつおの場合は、少し魚の中でも臭みがあると言われていますね。

 

青魚なので、それが特徴と言うと特徴なのですが、その臭みが苦手という人もいるのではないでしょうか。

 

白身の魚なら食べることが出来るという人は、青魚が苦手という人がいます。

 

そんな時、ここのかつおの塩たたきを食べることにより臭みを全く感じることがないのでかつおの刺身やたたきの自分が抱いている概念が変わることは間違いありません。

 

食べて見て、試して見ることをおすすめします。

 

お酒と一緒に

 

かつおの塩たたきは、ご飯のおかずとしてももちろん美味しいです。

 

子供さんも大好きな味なのでご飯のおかずとして食べることができます。

 

大人の場合は、やっぱりこれに合わせるのはお酒です。

 

ビールと合わせてもいいし、日本酒には堪らない酒の肴です。

 

豪快な酒の肴ですね。

 

これがあると、何杯も飲みたくなる、そんな飲みすぎ注意の酒の肴になります。

 

健康にも良い

 

かつおは、青さかなとして健康的にも良い料理です。

 

しかも新鮮なかつおを食べることにより血液中の悪玉コレステロールを少なくしたり、血液をサラサラにする効果を期待することができます。

 

いかがでしたか?

 

カツオ料理の中でも、最も人気のあるのはたたきです。

 

塩をまぶすことにより、ほんのり塩味とかつおの旨みが口いっぱいに広がります。

 

高知に来たら、ぜひ絶品の大黒堂のかつおの塩たたきを堪能して欲しいです。