【健康増進】ダイドードリンコ、テレワーク中も喫煙禁止


ドリンク(Drink)」に“仲間・会社”を意味する「カンパニー(Company)」を合わせた造語。会社名全体で「ダイナミックに活動するドリンク仲間」を表現している。 現在は大同薬品がダイドーグループホールディングスの連結子会社となっており、主にダイドードリンコ
38キロバイト (4,753 語) - 2020年9月22日 (火) 13:45



(出典 kyodonewsprwire.jp)


テレワークも喫煙禁止とは、ダイドーは厳しいですね…
健康を考えていますけどね…

1 記憶たどり。 ★ :2020/09/25(金) 21:10:39.79

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c90b66c43cc5116063ab078b57114f080650076

ダイドードリンコ(大阪市)は、従業員の健康増進や健康意識向上を促進するため、
9月21日から従業員の就業時間中の喫煙を禁止した。

対象となるのは同社の全従業員約730人。昼休みを除く午前8時半~午後5時、
午前9時~午後5時半の標準勤務時間帯が禁煙となる。
加熱式たばこや電子たばこも同様に使用禁止だという。また、テレワーク中など、
事業所外で勤務する場合も適用となる。チェック体制や罰則などは設けず、
従業員自ら自主的に行動してもらうことを前提としている。

同社広報担当者によると、2019年9月に行った調査では従業員の約33%が喫煙者で、
喫煙率の高さが課題だったという。今回の導入にあたり、3月ごろから従業員向けに
周知活動を開始し意識付けを行ってきた。

同社は19年に「DyDo グループ健康宣言」を策定するなど、従業員自らが健康意識を高め、
健康維持・増進に努める環境づくりを進めてきた。今回の施策もこの取り組みの一環だとしている。

4月には改正健康増進法が施行され、屋内での喫煙が原則禁止となった。
また、10月からのたばこ税増税に伴い、大手たばこメーカーが各銘柄の値上げを発表している。
喫煙者にとって「吸いづらい」状況が増える中、従業員の健康増進という観点から、
同様の取り組みを始める企業が今後増えるかもしれない。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000029281.html


続きを読む

Related Posts