BABYMETALのMETAL GALAXYはバラエティにとんでいていろいろなメタルを聞くことができます

 

 

BABYMETALのサード・アルバムであるMETAL GALAXYは絶品です。

 

今回のアルバムはこれまでのファーストやセカンド・アルバムとは少し路線が変わったような感じでした。

 

disc1はポップな感じになっていて、リズミカルな楽曲がありシンセサイザーなどが特徴的です。

 

メタルというよりもポップな感じになっていて、従来のようなアイドル的な要素とメタル的な要素が複合されていますが、今回のアルバムはややアイドル的な仕上がりになっているかもしれません。

 

しかしdisk2はメタルの強さを感じることができるな仕上がりになっていて、従来のような楽曲が多かったです。

 

とても良いアルバムになっていて、ポップ的な楽曲の好みは人それぞれですが、このアルバムは素晴らしいと思っている人も多くいるでしょう。

 

毎日聞いていて、聴けば聴くほど直接ライブ会場で見たくなるような気持ちになっていきます。

 

初めて彼女たちの存在を知った時の衝撃は強かったです。

 

これまでアイドルとメタルを掛け合わせたグループはなかったのでどんなグループなのか興味がありました。

 

音楽は本格的なメタルですが、楽曲自体は聞きやすいです。

 

ステージにおけるパフォーマンスも激しく、神バンドと呼ばれている人たちを含めて本格的な演奏になっています。

 

海外のメタルファンに対しても衝撃を与えたようで、世界中にファンがいます。

 

今回のアルバムはバラエティにとんでいて、いろいろなメタルを聞くことができるでしょう。

 

例えばユーロビートやフォークといったさまざまな種類のテイストを複合していて、一曲一曲がきちんと仕上がっています。

 

セカンド・アルバムのような本格的なメタルを期待すると、少し驚いてしまうかもしれません。

 

完成度は高く、個性的で聞いていて楽しいです。

 

最後まで一気に聞くことができ、ライブに行きたくなってしまいます。

 

いろいろな種類の音楽があり、壮大だったり格好良かったりインパクトがあるものもあるでしょう。

 

メインボーカルのSU-METALの声が少し大人っぽくなっていたり、表現力も上がってきていることが分かります。

 

彼女の透き通った声が魅力で、激しいメタルバンドとの対比が見事です。

 

まだまだ進化しているバンドという確信を持つことができ、メタルファンはもちろん初めて彼女たちの音楽を聴こうとする人にもとっつきやすいでしょう。

 

BABYMETALはSU-METALやMOAMETALがいますが、ライブには鞘師里保や岡崎百々子なども参加しています。

 

アベンジャーズ制度というものを利用していて、3人のサポートダンサーの内1人が出演するという3人体制になっています。

 

SU-METALやMOAMETALなどと一緒にパフォーマンスしていて、例えば鞘師里保は元モーニング娘で、岡崎百々子は元さくら学院です。

 

BABYMETALはアイドルにメタル形式に取り入れたものですが、新しいものを創造したと言えるでしょう。

 

女の子たちが本格的なメタルバンドを従えていて、かわいらしさを失わずに激しいライブを繰り広げています。

 

女性からも人気があり、幅広い世代やファン層から支持されているバンドです。

 

歌がうまくダンスも上手で、サウンドはごまかしていないので安心して楽しむことが可能です。

 

幅広いファンのハートを捕まえていて、特にコンサート映像を見ると、彼女たちをサポートする熱気が伝わってきます。

 

バックにいる神バンドはプロを集めていて、高度な技術を披露しています。

 

海外のメタルミュージシャンでも有名な人をメンバーに入れていて、安定した演奏を行うことが可能です。

 

リードボーカルのSU-METALは芸能人養成学校でも抜きんでた存在だったらしく評価が高いと言われています。

 

アイドルとメタルを融合したことによる新しいプロダクトで多くの人を惹きつけましたが、その後もファンの期待を裏切らないような活動を見せています。

 

いろいろなフェスで見ることができますが、生歌でも音程がしっかりしているので力強い声です。

 

ダンスもかわいかったり格好良いです。

 

首を振ったり倒れ込んだり、いろいろなパフォーマンスでファンを喜ばしてくれています。

 

世界的に注目されるようになりましたが、歌詞は英語化しないでそのまま日本語で歌っています。

 

言葉が通じなくても良い音楽は世界において伝わるという良い例でしょう。

 

楽曲にはメッセージ性もあり、音楽の素晴らしさやおもしろさを再発見させてくれるバンドです。

 

仕事に疲れた時に聴くと前向きな気持ちになったり、中毒性があるような感じがします。

 

ライブ映像を見ていると、彼女たちの努力が実ったのだなあと思ってしまいます。

 

まだ若いのでまるで保護者のような気持ちで彼女たちを見てしまいそうです。

 

くら学院のファンを父兄と呼んでいますが、年齢層の高いファンもいるので父兄化しているのかもしれません。

 

彼女たちのパフォーマンスは堂々としていて、日本海外問わず多くのファンから支持されているのが理解できます。