医師が解説!寝ている間に「歯ぎしり」をしているサイン


ブラキシズム (歯ぎしりからのリダイレクト)
ブラキシズム(Bruxism)とは、睡眠時や覚醒時を問わず、歯を動的、若しくは静的にすり合わせたり、噛み締めたりする非機能性咬合習癖の一形態である。様々な動作を包括した広義の「歯ぎしり(歯軋り)」を指し、咬合神経症とも呼ばれる。 ブラキシズムは弄舌癖や咬唇癖のような無意識、無目的に行われる異常習癖と同様のものであり、動作が行われ
4キロバイト (584 語) - 2020年3月11日 (水) 19:54



(出典 amd.c.yimg.jp)


歯ぎしりする原因はストレス・不安などの様ですね…
気になる様でしたら専門医に相談が良いですね…

続きを読む

Related Posts