【社会】愛知県名古屋市が新型路面車両の試験走行を計画、来月にも 回遊観光の切り札に


ユネスコのデザイン都市に認定されている。 章は、尾張徳川家の合印に由来する「㊇」である。余談であるが、同じ名古屋市内にある名古屋大学の前身は奇しくも第八高等学校と「八」に関連していた。 愛知県の南西部、濃尾平野に広がる。県内では、豊田・新城市・岡崎に次いで4番目に広い面積を有するである。 名古屋市
222キロバイト (16,949 語) - 2020年9月18日 (金) 09:54



(出典 www.ctv.co.jp)




路面電車に新型が導入予定は良いですけど、自動車の邪魔にならなければ良いですけどね…

1 ◆SAKAi/7Pq4H6 さかい ★ :2020/09/17(木) 13:39:56.70

“新型路面車両”来月試験走行、名古屋市が計画 回遊観光の切り札に
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d713ece20c34eaf26981cd5280148b280074a61
9/16(水) 12:07 中京テレビニュース

 名古屋市が、市の中心部を結ぶ新たな路面公共交通システム(SRT)の導入に向け、来月、試験走行を計画していることがわかりました。

 16日開かれた市議会本会議で、名古屋市は、名古屋駅や栄、大須などを結ぶSRT(スマート・ロードウェイ・トランジット)について、来月中旬、試験的に車両を走行させる計画を明らかにしました。

 SRTは段差がなく車いすもスムーズに乗車でき、開放感のある大きな窓で景色を楽しめるのが特徴で、都心での回遊性の向上や、にぎわいの拡大を図ることが狙いです。

 試験走行では、名古屋駅と栄の間を2時間ほど走らせる予定で、市は来年度以降、市民の体験乗車などに取り組み、リニア中央新幹線の開業時にはSRTが都心全体で走行できるよう準備を進めるとしています。


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts