【MLB】レイズ・筒香嘉智 先制7号ソロ含む2安打2打点!今季6度目マルチ レイズは連敗ストップ


筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。MLBのタンパベイ・レイズ所属。 兄は、橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。
48キロバイト (6,059 語) - 2020年8月1日 (土) 03:30



(出典 img.sp.m.jiji.com)


筒香選手、調子良いですね!
チームも連敗ストップだし!
今後も頑張ってください!

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/12(土) 11:47:58.25

[ 2020年9月12日 11:16 ]
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/12/kiji/20200912s00001007223000c.html

(出典 www.sponichi.co.jp)


ア・リーグ レイズ11―1レッドソックス ( 2020年9月11日 セントピーターズバーグ )

 レイズの筒香嘉智外野手(28)は11日(日本時間12日)、本拠地・セントピーターズバーグでのレッドソックス戦に「6番・三塁」で先発出場。先制7号ソロを放つなど5打数2安打2打点で、今季6度目のマルチ安打をマーク。打率は・200となった。チームは11―1で勝利し連敗を3でストップした。

 2回無死から2番手左腕ホールのカーブをジャストミートし、右中間に7号ソロ。4日(同5日)のマーリンズ戦の2回に中越え6号ソロを放って以来の一発となった。

 3回2死三塁からは左直で、右腕バルデスと対戦した5回2死からは見逃し三振に倒れたが、7回1死一、二塁からは右腕レエルから中前適時打し、4日(同5日)のマーリンズ戦(セントピーターズバーグ)で、6号ソロを放つなど2安打して以来、今季6度目のマルチ安打をマークした。8回2死三塁からは右腕ストックと対戦し空振り三振だった。

 この日、レイズのケビン・キャッシュ監督(42)は1番のオースティン・メドウズ(25)から、9番のマイケル・ペレス(28)まで先発メンバー全員を左打者で並べた。スポーツ専門局のESPNによれば、スイッチヒッターなしでの“オール左打者”の先発メンバーは大リーグでは初めてだった。


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts