ゲーム史に残る傑作ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

 

 

元々ゲーム好きだった私は、発売前からニンテンドースイッチを購入する気満々で予約開始が始まって直ぐにに予約を入れていました。

 

本体は購入する気満々だったのですが、肝心のソフトをどうするかで悩んでいた時に折角なので久し振りにゼルダシリーズに挑戦しようと、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを購入する事にしたのです。

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの購入を決めた理由

 

私はスーファミやニンテンドー64時代の頃はゼルダの伝説シリーズを一応、プレイしていました。

 

ですが年齢と共にゼルダシリーズの売りである謎解きを面倒に感じる様になり、徐々に敬遠する様になってしまったのです。

 

所がゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、自由さが売りで謎解きもコンパクトで以前のシリーズ程、ややこしくないというのが発売前から言われていました。

 

同時に新しいゲーム機を購入するというテンションの高さも手伝い、久し振りにゼルダシリーズをプレイしてみようという気になったのです。

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのファーストインプレッション

 

 

無事に発売日に本体と共にソフトも届いて、少し不安を感じながらプレイを開始した私ですが直ぐにゼルダに対する苦手意識は払拭されました。

 

というのもスタートの洞を出ると、直ぐ目の前に広大な世界が広がっており、これからそこを自由に冒険出来ると考えただけでワクワクする気持ちが生まれたからです。

 

しかもグラフィックも少しアニメ調の独特なタッチであり、広大な自然が美しく描かれていました。

 

そんな美しい世界の中で、遙か遠くに見える場所にもそのまま移動出来ると考えただけも、ワクワクが止まりませんでした。

 

開始直後から、私は見事に心を鷲掴みにされたのです。

 

私がゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをプレイして楽しいと感じられた部分

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、広大な世界を自由に冒険出来る点が魅力的でした。

 

私がプレイした以前のシリーズだとまずここに行って謎解きすれば、次に新たに行けるエリアが増えて行く、といったシステムだったのです。

 

ですがブレスオブザワイルドはそういったシステムが一新されており、取りあえず広大な世界の中を、かなり自由に動き回る事が出来ます。

 

例えば遠くに見える山を目指して進んで行き、その山をいきなり探索したりも可能です。

 

しかも歩いたり走ったりジャンプしたりだけでなく、崖をよじ登ったり、パラセールを使い高所から飛び降りたりも出来ます。

 

景色も豊富で、森や草原、雪山や砂漠地帯等様々存在しており、冒険心を派手にくすぐられる内容です。

 

更に広大世界でありながら、物を吹っ飛ばしたり炎が燃え広がる等、物理演算もしっかりしているので様々な遊び方が出来ます。

 

加えて雨や雪が降る等して天候も変化する上に、寒さや暑さの概念もしっかりしています。

 

私自身もオープンワールドのゲームはそれなりにプレイした経験がありますが、ここまで遊び心が満載なゲームはなく衝撃を受けました。

 

ゼルダシリーズが苦手でも楽しめる理由

 

 

私の様に謎解きが苦手でも、ブレスオブザワイルドは楽しむ事が可能です。

 

ゼルダシリーズと言うと、謎解きが豊富に用意されたダンジョンが売りだったりします。

 

ですがそのダンジョンが長過ぎて面倒で疲れてしまい、ゼルダシリーズに苦手意識を持つ人も少なくないです。

 

所が本作では、基本的に謎解きは各地の洞で短めにさっくり行える事が多いので、謎解きの連続で辟易する事も回避出来ます。

 

何よりも広大な世界を思うがままに彷徨くだけでも楽しいので、従来のゼルダシリーズが苦手な人でもはまれる要素は満載です。

 

実際に私もニンテンドー64で出た時のオカリナ以来、かなり久し振りにクリア出来ました。

 

それも暇な時間は、ほぼブレスオブザワイルドに費やす位の勢いで一気にプレイしまくる程にドはまりしたのです。

 

この様にゼルダの伝説ブレスオブザワイルドはゲーム好きでありさえすれば、はまれる要素がたっぷりの傑作と言えます。

 

まとめ

 

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、これまでのゼルダシリーズとは違い、作り込まれた世界を冒険する楽しみに特化したソフトです。

 

謎解き自体も従来シリーズよりもコンパクトでさくっと楽しめる仕様なので、謎解きが面倒で苦手という人でも楽しむ事が出来ます。

 

何よりゲーム好きであれば、1度はプレイしておきたい傑作です。