岡崎百々子と鞘師里保が日替わりサポートメンバーとして入るBABYMETALのサード・アルバムMETAL GALAXYへのSU-METALとMOAMETALの覚悟

 

 

BABYMETALから結成以来のメンバーだったYUIMETALが活動休止を経て脱退したのは、昨年のことでした。

 

ファンとしてはアシンメトリーとなってしまった状況に戸惑いながらも、応援していく気持ちが揺らぐことはありません。

 

それにしてもライブをどう乗り切るのかは特に注目していましたが、その中で発表されたサポートメンバーには、衝撃を通り越して、呆然としてしまった次第です。

 

 

元モーニング娘。でセンターを務め、絶大な人気を誇りつつ休養に入ってしまった鞘師里保がその1人だと聞き、驚きと喜びで泣きそうになってしまいました。

 

広島のアクターズスクール時代からSU-METALとの繋がりがあったことは知っていましたが、それでも十分なインパクトです。

 

もう1人のサポートメンバー、岡崎百々子もさくら学園時代から知っていて、実力は申し分ありません。

 

鞘師里保や岡崎百々子たちのおかげで今後の活動も一安心といったところで、サード・アルバムMETAL GALAXYを手に取りました。

 

3年半ぶりのアルバムということで、待ち焦がれていたのが正直なところです。

 

バラエティーに富んだ14曲には、様々な願いが込められています。

 

私はもちろん、日本版の2枚組CD全16曲入りを購入しました。

 

聞く前にコンセプトなどをできるだけ詳しく知りたかったため、可能な限り調べてから聞くことにします。

 

ライトアンドダークネスの二面性や、新しいメタルへの挑戦が見てとれました。

 

今まで以上にバラエティーに富んだサウンドで、メタルの銀河を色とりどりに染めていく様子を頭に描き、胸躍らせました。

 

参加している豪華アーティストにも注目です。

 

B’zのギタリストTak Matsumotoやヨアキム・ブロデーン、アーチ・エネミーなど私の好きなアーティストが多数参加しており、さらに期待が高まります。

 

いろいろな楽しみ方ができ、曲順等にもこだわった聴き方ができると楽しみにしていました。

 

SU-METALは今までの道筋を示す1枚になったと表現しています。

 

様々な音楽のジャンル・歌い方に挑戦し、楽曲の幅が広がったとも言っていますが、そこにも注目したいです。

 

一方のMOAMETALは、ポップなものやハードなもの、これが本当にメタルなのかと感じるような楽曲もあり、今までの経験を吸収した全てを詰め込んだと語っています。

 

たくさんの成長も見られるサード・アルバムなのだと感じました。

 

私はCDを購入するときはショップに足を運ぶと決めています。

 

今回も事前に予約をし、行きつけのショップで受け取る段取りをしていたので、発売当日にはやる気持ちを抑えつつ買いに行きました。

 

家に帰るとき急ぐ足取りは自然と速まり、ラスト100メートルは年甲斐もなくついに駆け出してしまいました。

 

まずは、パッケージの美しさ・格好良さに目を奪われます。

 

黒を基調としたデザインは壁に飾りたいほど格好良く、いきなりやられたと感じました。

 

開けたときのCDの配置や宇宙を感じさせる奥の深さも好きです。

 

こういったところに細かいこだわりを見せるところも、BABYMETALの魅力の1つです。

 


PCにCDをセットして、Disc1を聴き始めます。

 

正直、色々と情報を入れていたので、大方の予想はついていたつもりでした。

 

しかし、良い意味で期待を裏切られたことに心地よい感覚を覚えます。

 

コテコテのヘビメタというよりも、聞きやすくアレンジがしてあるイメージで、世界を股にかけて活躍する彼女たちの楽曲なのだと改めて思い知らされました。

 

多くの曲に強烈な疾走感があり、駆け抜ける勢いをそのまま音に乗せたようなイメージです。

 

ただ、背景に流れるのは心地よいメタルの尖った音で、美しい声と相まって我々が聞き惚れたいつもの高揚感を感じさせてくれます。

 

SU-METAL、MOAMETALのかわいらしくも力強い声はさらなる高みへ上っていることを実感せずにはいられません。

 

セカンド・アルバムからはそれほど大きな変化が見て取れます。

 

ファンにとっては嬉しい限りです。

 

CDから流れる音楽だけを聞いていても、躍動する彼女たちの姿が目に浮かびます。

 

ライブでどれほどの盛り上がりを見せるのか考えただけで鳥肌が立ちました。

 

また自分たちを楽しませてくれるのだと、生活のハリにすることができます。私の1番のストレス解消です。

 

Disc2は少しまた違った趣を感じました。

 

映画や物語を見ているようなイメージで、Disc1とはまた違う顔を見せてくれます。

 

やはり順番としても、1を聞いた後で2を聞くのがおすすめです。

 

サード・アルバムMETAL GALAXYは、初めてBABYMETALの曲を聴く人にも伝わりやすい内容になっていると感じました。

 

それでいて往年のファンも楽しませてくれる懐の深さもあります。

 

今からライブに参加することが楽しみでしょうがありません。

 

他にもいろいろなバージョンが出ているので、もう一度細かくチェックしてみようと考えています。

 

アナログ盤METAL GALAXYもこっそりと購入を狙っています。