【テニス】<失格ジョコビッチ>会見拒否でさらに罰金計193万円!勝ち上がった4回戦までの賞金25万ドル(約2650万円)も没収…


ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, セルビア語:  Новак Ђоковић, 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。ATPツアーでシングルス80勝、ダブルス1勝。身長188cm
91キロバイト (9,165 語) - 2020年9月15日 (火) 09:39



(出典 amd.c.yimg.jp)


ジョコビッチ選手、失格だったのですね…
賞金なども没収になってしまって…
本当に残念です…

1 Egg ★ :2020/09/09(水) 17:46:08.72

テニスの4大大会、全米オープン4回戦で、男子世界1位のノバク・ジョコ*(セルビア)が失格したことで、主催の米国テニス協会は、コート上での行為に1万ドル(約110万円)、その後、記者会見を行わなかったことに7500ドル(約83万円)の罰金を科した。また、勝ち上がった4回戦までの賞金25万ドル(約2650万円)も没収となる。

ジョコ*は、同27位のカレノ*タ(スペイン)と対戦し、第1セットの5オールから、ジョコ*は自分のサービスゲームを落とした。イライラがたまったのか、ジョコ*は球をバックフェンス側にラケットで打った。その球が線審の喉を直撃。線審は座り込んだ。

この行為に対し、同協会は、「4大大会規則本(Grand Slam Rule Book)」の中にある「第3条・選手のコート上での違反行為(Player On-Site Offences)」で、「R項・スポーツマンらしくない違反(Unsportsmanlike Conduct)」を適用した。

通常、違反は3段階で重くなる。1度目の違反なら「警告」が通告される。この時点で、ジョコ*の違反は1度目だった。しかし、大会レフェリーと審判長が協議の結果、「T項・失格(Default)」にある「大会レフェリーと審判長の協議の上、違反の積み重ねか、1度の違反のどちらでも、失格を通告できる」を適用。

ジョコ*の違反が悪質だと認定し、1度目の違反でも失格に値すると判断した。そして、その失格の通告は、最終判断であり、選手は抗議はできない。

9/8(火) 11:35 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf122fac5148e96a0c47347e0211b7fc427ecb78

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


【テニス】<女性線審の過剰反応のせい?>ジョコ失格を責任転嫁する声に、女子レジェンド選手が「議論の余地なし!」と猛烈反論
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1599527458/

1 Egg ★ 2020/09/08(火) 12:44:58.49
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1599536698/


続きを読む