大分の郷土料理りゅうきゅう丼は安くてとてもおいしい

 

 

大分の郷土料理として、人気なのがりゅうきゅう丼です。

 

別名あつめしとも言うのですが、もともと大分県南部沿岸の佐伯市の蒲江や米水津村地区の郷土料理だったのですが、安くてとてもおいしいということで、大分市全体に広まっていったのです。

 

中でも、ぶりのあつめしは、農山漁村の郷土料理百選に選ばれる程、人気のメニューです。

 

りゅうきゅうと呼ぶメニューは、魚の切り身だけで、ご飯がついていない物になります。

 

ご飯の上に、刺身の切り身を乗せた物が、りゅうきゅう丼になります。

 

もともと、佐伯市の漁師達が、漁で取れた魚をさばいて、一口ぐらいの大きさにカットして、しょうゆやみりん、酒、砂糖のタレにつけて和えて、ゴマを乗せてまかないとして食べていたメニューです。

 

調理法が琉球の漁師から伝えられたという説もあれば、千利休がゴマを使った料理を、利休和えと呼んでいたことに由来するようです。

 

グルメの漫画として人気の「美味しんぼ」の日本全国味巡りの大分編でも、「関アジの琉球」、「豊後牛のうれしの琉球」として取り上げられているぐらいに、人気のメニューです。

 

 

とよ吉 ランチ限定メニュー 「りゅうきゅう丼」セット 1000円

 

 

私が、大分市内に引っ越してきて、大分の郷土料理の中で一番感動したメニューが、りゅうきゅう丼でした。

 

最初のうちは、りゅうきゅう丼にはまって、あちこちの居酒屋や定食屋さんのりゅうきゅう丼を食べ歩いては、味比べをしていました。

 

それが、最近では、りゅうきゅうやりゅうきゅう丼のお惣菜を置くスーパーが増えてきたので、家庭でも手軽に食べることができるようになりました。

 

りゅうきゅう丼の中身は、あじやかんぱち、たい等の刺身に使った後の残りの部分を細かくカットした部分です。

 

これらの魚の刺身のカットをミックスした上に、ゴマをかけて、薄味の甘だれを漬けて食べます。

 

中には、サーモンの切り身を入れるりゅうきゅう丼もあります。

 

私が好きなりゅうきゅう丼は、サーモンやたい、かんぱちの切り身がミックスされた物です。

 

同じりゅうきゅうでも、乗せる魚の種類によって、味も値段も大きく変わってくるようです。

 

りゅうきゅう丼に使用する魚は、居酒屋やスーパーなどで、刺身として使用した残りの部分なので、節約料理として、お手頃なコスパで食べられる点も魅力的です。

 

大分市内の居酒屋や定食屋さんでは、たいていりゅうきゅう丼のメニューを揃えています。

 

りゅうきゅう丼のたれは、しょうゆ、酒、みりんなどで味付けをするのですが、お店によって味付けも異なるので、おいしい味付けのお店を探すといった楽しみもあります。

 

スーパーでもりゅうきゅう丼のお惣菜を購入することができるのですが、だいたい1~2人前で300円前後で購入できます。

 

普通にお刺身を購入するよりは、格安で購入できる点も魅力的です。

 

家庭でりゅうきゅう丼のお惣菜を購入したら、たれはそうめんのめんつゆを使用すると、手軽にりゅうきゅう丼が準備できます。

 

りゅうきゅう丼の上に、わさびを少々乗せて食べるのもオツです。

 

 

福岡や東京、大阪の居酒屋や定食屋さんにも通ったことがありますが、どこにもりゅうきゅう丼は置いてありませんでした。

 

作ろうと思えば、魚の切り身さえ準備できれば、どこの土地でも作れるはずなのに、大分市内や佐伯市内ぐらいしか、置いてないメニューというのも珍しいです。

 

隣の県の福岡や宮崎の知人にりゅうきゅう丼のことを紹介しても、まだ食べたことがないといった方がほとんどです。

 

大分市は港が近いので、新鮮な魚が手頃な価格で購入できるので、年中おいしいりゅうきゅう丼を食べることができます。

 

大分市内に引っ越してきて、りゅうきゅう丼がおいしいので、家を新築して定着してしまったぐらいです。

 

この大分名物のりゅうきゅう丼も、食のフェスタなどで、全国の人達に紹介できると良いと思いました。