【株】 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得

バークシャー・ハサウェイ(英語: Berkshire Hathaway Inc.)は、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハに本社を置く持株会社である。もともと綿紡績事業であったが、戦後に原料価格が下がり世界中で競争が起こったので、ウォーレン・バフェットの判断により保険業を足場とする機関投資家へ転換した。
38キロバイト (4,967 語) – 2020年8月13日 (木) 08:38

(出典 rubese.net)
日本の5大商社の株式を5%ずつ取得ですか?
凄いですね!
1 影のたけし軍団 ★ :2020/08/31(月) 09:46:04 ID:Je6wDBcU9.net

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は30日、
日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表した。

発表文書によると、バークシャー傘下のナショナル・インデムニティが、伊藤忠商事<8001.T>、丸紅<8002.T>、三菱商事<8058.T>、
三井物産<8031.T>、住友商事<8053.T>の株式取得について、日本の財務省関東財務局に通知するという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ded3dfbe4f27c754750dd16d12aee051466c1d3b

バークシャー、5%を超える商社株を取得-伊藤忠や三菱商など5社
https://news.yahoo.co.jp/articles/15f803b3a7b12c38e6d0bb4656482741ea465be9
それぞれの株式について、最大9.9%まで保有比率を高める可能性があるとした。

商社5社の株式は東証で過去約12カ月に取得したとも公表した。

続きを読む

Related Posts