【大阪・関西万博】ロゴマークが決定!    キモい

扱う大規模博覧会として実施される予定である。1970年の大阪万博と区別するため、略称は「大阪関西万博」となった。 2018年11月23日にフランスのパリで開かれた第164回BIE総会で投票が行われた。最終プレゼンテーションはバクー、大阪、エカテリンブルグの順で、30分間に渡って意見を提示し、その
16キロバイト (1,780 語) – 2020年7月20日 (月) 09:08

(出典 news.mynavi.jp)
お世辞でも良いデザインとは言えませんね…
もう少し人々から親しまれるデザインにしてほしいです…
残念ですね…
1 スネアチエラ(北海道) [US] :2020/08/25(火) 15:54:50.73

大阪・関西万博のロゴマークが決定 コンセプトは細胞

本多由佳
2020年8月25日 14時53分

 2025年の大阪・関西万博のシンボルとなるロゴマークが25日、決まった。セル(細胞)をコンセプトとし、
いのちの輝きを表現した作品が選ばれた。今後、万博のプロモーションなどで広く使う。

 万博の運営主体「日本国際博覧会協会」が発表した。「TEAM(チーム) INARI(イナリ)」がデザインした。
全国から集まった5894作品の中から、今月3日に最終候補5作品が選ばれ、それについて寄せられた市民の
意見を参考に、建築家の安藤忠雄氏が座長を務める選考委員会が決めた。

 協会の石毛博行事務総長は記者会見で「ロゴマークが万博の象徴として日本、世界へと広がり、末永く愛されることを期待している」と語った。(本多由佳)

https://www.asahi.com/articles/ASN8T4VMKN8TPTIL00T.html

画像

(出典 www.asahicom.jp)

他の候補

(出典 www.jiji.com)

続きを読む

Related Posts