いつ見てもスカッとする半沢直樹

 

 

社会に出ると我慢しなければならないことや、合わない上司ともうまを合わせなければならない場面は多々あります。

 

しかし、理不尽にこれ以上耐えられないという状況は多くのサラリーマンが抱えている悩みだと思います。

 

そんな中、銀行マンとして我が正義の道を突き進む半沢直樹にはいつもスカッとさせてもらっていました。

 

1話から波乱万丈な半沢直樹。

 

なんと銀行の世界ではありえない5億円もの融資事故の責任を半沢一人になすりつけられていたのです。

 

だんだん話が進むごとにその全貌が明らかになっていきます。

 

部下の手柄は上司のもの、部下の失敗は部下のせいという、理不尽を感じている上司が存在いる人なら共感できるワードが出て来る半沢直樹。

 

もちろんドラマという設定なので現実的には起こりえないことなのですが、きっと多くのサラリーマンが、言いたいけれど言えない上司や会社への本音を半沢直樹に自分を重ねていたことでしょう。

 

また、5億円の融資事故を起こしたのが上司の故意的な陰謀でもあり、融資相手との策略と知った半沢直樹はそこから、やられたらやり返す倍返しだと言って、その会社の社長に恨みを持つ下請け会社の社長と手を組み、文字通り倍返しをするのです。

 

しかし、そこに国税というライバルが現れます。

 

通常、国税には銀行マンはぺこぺこして、歯向かわないのが常識なのですが、その常識が通じない半沢直樹は国税相手でも、自分の芯を貫くのです。

 

そんな半沢も、唯一奥さんの前では、頭があがりません。

 

ここのところもきっと共感する男性は多かったことと思います。

 

どんなに社長や部長と会社で、偉い立場にいる人でも、家庭という環境に入れば、奥さんがその主であり、頭があがらないというのはよく聞きます。

 

そんな共感ポイントを広くおさえた半沢直樹はドラマでも、小説でも大ブレークしました。

 

クライマックスは、上司である支店長への仕返しと、見事5億円の融資を取り戻すという壮快なストーリーで幕をとじます。

 

頭取からも信頼されている半沢は、もちろん現場の同僚や後輩からも一目を置かれていることはもちろん深く信頼されているのです。

 

社会人になりたての人はもちろんいま部下でメンバーをもっている人も半沢直樹みたいなかっこいい男になりたいと、半沢にほれたのではないでしょうか?

 

ドラマシリーズでは、続けて2作目がテレビ放映されました。

 

小説で人気を集めている3作目もドラマとして放映してほしいという声がたくさんあがっています。

 

ぜひ、もしまだ見ていませんでしたら、DVDを借りてぜひ見てみてください!