酷暑続く西日本、東海は35℃超が多数 午後は40℃に迫る所も

猛暑 (酷暑からのリダイレクト)
5℃以下 猛暑日(もうしょび)とは、気象庁が2007年(平成19年)4月1日に制定した、日最高気温が35℃以上の日のことである。2006年までは、非公式に酷暑日などとも言われていた。近年の高温傾向もあり、北海道を含む各都道府県で毎年のように観測されているが、沖縄県は海洋性気候なので観測例は少ない。ちなみに
99キロバイト (15,627 語) – 2020年8月12日 (水) 11:54

(出典 amd.c.yimg.jp)
猛暑続きますね…
熱中症とウイルス感染に気を付けましょう…

続きを読む

Related Posts