【野球】「はるかに失礼なこと」/原監督


徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督、解説者。 2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務めている。2009年には日本代表監督も務めた。 福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。
99キロバイト (13,244 語) - 2020年8月8日 (土) 07:30



(出典 politicsenter.com)


巨人は大敗しましたけど内野手の増田選手が投手で意外な活躍した事で原監督に良い評価になった事ですね!
これからは勝利に頑張ってください!

1 ひかり ★ :2020/08/07(金) 12:14:20.37

<阪神11-0巨人>◇6日◇甲子園

巨人は11点ビハインドの8回1死、野手の増田大が登板。2/3回を無安打1四球無失点に抑えた。原辰徳監督のコメント。

「チームの最善策ですね。6連戦という連戦、連戦、連戦の中であそこをフォローアップする投手はいないですね。1つの作戦だからね。あそこで堀岡を投げさせることの方がはるかに失礼なこと。リリーフ陣、投手陣も含めて、あそこで止めてくれたというのは非常に助かりました。堂々と、ストライクが入るというのはまさにユーティリティー。見事だと思いますね」

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8ec59b02e708f3eb3e8fa033b220f693de602e8


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts