東北の人口激減 宮城>福島>青森>岩手>山形>秋田


東北地方(とうほくちほう)は、日本の地域のひとつであり、本州東北部に位置している。「奥羽地方(おううちほう)」ともいう。 その範囲に法律上の明確な定義はないものの、一般には青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の6県を指す。これら6県は、本州の約3割の面積を占める。東北地方
121キロバイト (12,065 語) - 2020年8月8日 (土) 09:28



(出典 livedoor.blogimg.jp)


東北地方の人口が激減ですか…
働く場所が無いから首都圏に引っ越すなどがあるでしょうけどね…

1 エリシペロスリックス(SB-iPhone) [JP] :2020/08/08(土) 19:55:34.38


東北の人口、減少率1.01% 秋田県100万人割る
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62326330V00C20A8L01000/

総務省が5日発表した住民基本台帳に基づく東北6県の人口(外国人含む)は、
2020年1月1日時点で前年比1.01%減の875万3378人だった。
秋田の人口は98万人と、記録が残る1968年以降で初めて100万人を割った。

各県の人口を年齢別にみると、総人口に占める15歳未満の割合は
秋田が9.81%で、全国で唯一10%以下となった。
青森は10.68%で秋田に次ぐ低さで、岩手が11.18%、
山形が11.43%と全国下位10県のうち4県を東北勢が占めている。

一方、総人口に占める高齢者の割合は秋田が全国最高の36.55%だった。
山形(33.11%)、岩手(32.82%)、青森(32.71%)も全国上位10県に入っており、
東北では他地域に比べ急速に少子高齢化が進んでいる。


(出典 Youtube)


続きを読む