音楽と共に成長する「あの頃ペニー・レインと」

 

この映画は、音楽とともに成長していく人間模様を描いたドラマです。

 

主人公のウィリアムは、姉の残したレコードを聴いて音楽に目覚めました。

 

音楽ライターとして、バンドに同行することになったウィリアムは、そこで恋に落ちます。

 

その相手は、グルーピーのペニーレイン。

 

しかし、楽しいだけの旅ではありません。

 

恋の悩みだけではなく、記事がなかなか進まなかったり、厳格な母親・バンドメンバーとの関係など、さまざまな葛藤があります。

 

葛藤しているのは、ウィリアムだけではありません。

 

ペニーレインや、バンドメンバー一人一人も現状と現実と戦っています。

 

そのような、人間の葛藤とともに一人一人が成長していくストーリーを描いた映画です。

 

そして、音楽はその一人一人を励まし、心を温めてくれます。

 

その音楽の力を表現した象徴的なシーンがあります。

 

それは、バスの中で皆で歌うシーンです。

 

現実に疲弊したバンドメンバーのラッセルが、一夜あけて、迎えにきたバスに乗り込みました。

 

心がぼろぼろになっているラッセルに対して、みんなは声を掛けてあげることができません。

 

そしてラッセルも誰に何て声を掛けていいのかわかりません。

 

傷ついているのはラッセルだけではなく、みんなも同じでした。

 

お互いに傷ついているということは、痛いほど分かっています。

 

そのとき、バスには、ラジオが流れていました。

 

そしてラジオからは、エルトンジョンのタイニーダンサーが流れてきました。

 

その曲に合わせて、バンドメンバーのドラムがスティックでリズムを取り始めました。

 

そして、一人ずつラジオと一緒に歌い始めていき、合唱をしていきます。

 

最後にはラッセルも一緒に歌います。

 

一つの音楽が皆の傷を癒し、心の距離を近づけるシーンです。

 

音楽は一人で聴くだけのものではなく、誰かと共有することによって、より大きな力になることがあります。

 

私自身このシーンが好きで、何度も何度も繰り返し見ました。

 

演出としては、もしかすると、定番な方法かもしれません。

 

しかし、これが音楽の力だと思います。

 

一つの曲が、一つのメロディ・歌詞が想いを伝え、一緒に歌うことで言葉にできないぬくもりを生み出します。

 

そして、音楽は、何かのきっかけを与えてくれたり、勇気づけてくれたり、傷を癒してくれたり、一人一人に対して、そっと寄り添ってくれます。

 

いろんな面をもった音楽の面白さを感じさせてくれる映画であり、大人も子どもも関係なく楽しめる映画です。

 

ウィリアムと一緒に旅をしている気持ちになれます。

 

そして、音楽がきっと好きになり、人生の一歩を踏み出す勇気を与えてくれると思います。