目の不自由な人が街で困っていたら、どう声をかけたらいい?転落事故を再発させないために、あなたにできること


障害 > 身体障害 > 視覚障害者 視覚障害者(しかくしょうがいしゃ)とは視覚(視機能)が日常生活や就労などの場で不自由を強いられるほどに「弱い」、もしくは「全く無い」人たちのことである。 長年、情報障害者と、言われ続けてきたが、ノーマライゼーションの社会的風潮の土台の上、近年の情報通信技術(Information
60キロバイト (8,686 語) - 2020年6月27日 (土) 13:32



(出典 amd.c.yimg.jp)


目が不自由だと杖しか頼りにならないから危険な場所に行ったりしますからね…
この前のホーム転落で亡くなったのは、本当にお気の毒だと思いました…
目の不自由の方々を見かけましたら、気遣いを…

続きを読む