女子高生暴行容疑の病院職員「女子高生に喧嘩を売られたからやり返した。正当防衛だ」


正当防衛(せいとうぼうえい、仏: légitime défense)とは、急迫不正の侵害に対し、自分または他人の生命・権利を防衛するため、やむを得ずにした行為をいう。正当防衛には、刑事上の正当防衛と民事上の正当防衛がある。 正当防衛は各種の違法性阻却事由のなかでも、ごく一般的に知られているものである。
19キロバイト (3,083 語) - 2020年8月8日 (土) 02:39



(出典 amd.c.yimg.jp)


容疑者の供述は本当なのか?ですね…
正当防衛かどうかは裁判で決まりますからね…

1 カテヌリスポラ(長野県) [DK] :2020/08/08(土) 19:24:44.81


 女子高校生への暴行罪と、助けに入った50代男性への傷害罪に問われた徳島市南二軒屋町、県立中央病院事務局職員の男(35)の初公判が7日、徳島地裁であり、
男は暴行罪について「(女子高校生から)先に暴行を受けて、やむなく行った」などと正当防衛を主張し、起訴事実の一部を否認した。
どんな暴行を受けたかは、明らかにしなかった。男性への傷害罪に対する認否は黙秘した。

 男は、女子高校生の右腕と髪をつかんだと認めたが、正当防衛を主張。起訴事実のうち、髪を引っ張ったとする部分について「引っ張っていない」と否認した。

 女子高校生の悲鳴を聞いて駆け付けた男性に対する傷害罪は、「現時点での認否は黙秘する」と陳述した。男性への暴行について弁護人は、男が地面に倒れる前か後かを検察側が明確にするよう、裁判官に申し立てた。

 起訴状によると、男は6月2日午後10時5分ごろ、徳島市内の路上で県内の女子高校生(17)の右腕や髪をつかむなどの暴行を加え、約5分後には男性(59)の顔を拳で1回殴り、約7日間のけがを負わせたとしている。

女子高生らに暴行 「先に暴行を受け」正当防衛を主張 中央病院職員初公判/徳島地裁
https://www.topics.or.jp/articles/-/401953


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts