木村花さんの母親が自民党会合に出席 SNSの誹謗中傷規制強化訴え


木村 響子(きむら きょうこ、1977年3月19日 - )は、日本の元女子プロレスラー・総合格闘家。神奈川県横浜市出身。血液型AB型。プロレスラーとしてはフリーランス、総合格闘家として坂口道場一族所属。スターダム、プロレスリングWAVE、センダイガールズプロレスリング、JWP女子プロレスを主戦場と
13キロバイト (1,485 語) - 2020年8月6日 (木) 15:10



(出典 up.gc-img.net)


自民党が政権握っている事だし木村響子氏も自民党に頼って誹謗中傷の規制強化を訴えているのですね…
木村花氏のご冥福をお祈りいたします…

1 デスルフォビブリオ(愛媛県) [US] :2020/08/06(木) 20:39:43.20


木村花さんの母親 自民党会合で早急な法改正訴える

SNS上でのひぼう中傷を苦に自*たとみられるプロレスラーの木村花さんの母親が、自民党の会合に出席し、ひぼう中傷の投稿者を速やかに特定できるようにするなど、早急な法改正を行うべきだと訴えました。

シェアハウスでの共同生活を記録する民放の番組に出演していたプロレスラーの木村花さんが、SNS上でのひぼう中傷を苦に自*たとみられることを受けて、自民党の作業チームは、6日、母親の響子さんを招いて会合を開きました。

この中で、響子さんは、「なぜ娘が中傷されなければならなかったのか明確にしてほしい」と話し、ひぼうや中傷の投稿があった場合、誰が投稿したか速やかに特定できるようにするとともに、罰則も強化するなど、早急に法改正を行うべきだと訴えました。

会合のあと、響子さんは記者団に対し、「私たちの苦しみをひと事と思わないでほしい。SNSは本来、人が楽しみ、幸せになるためのツールなので、人を傷つける発言にならないか考えて投稿してもらいたい」と話していました。

作業チームは、投稿者の速やかな特定に向けて情報開示請求の要件を緩和することなどを求める提言をまとめていて、響子さんの意見も踏まえ、引き続き政府に働きかけることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200806/k10012555011000.html


続きを読む

Related Posts