【トヨタ】1000キロ走るEVへ 京大・トヨタが「次世代電池」


電気自動車 (EVからのリダイレクト)
電気自動車(でんきじどうしゃ、electric vehicle)とは、電気をエネルギー源とし、電動機(モーター)を動力源として走行する自動車である。EVの略称が一般的に用いられる。内燃機関(ICE)を持たない事から、走行中にCO2やNOxの排出が無いゼロエミッション車である。
100キロバイト (14,224 語) - 2020年7月31日 (金) 03:40



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


1回の充電で1000キロも持続する電気自動車ですか!
これなら充電する場所に行く頻度が少なくなるから良いですね!
期待します!

1 電気うなぎ ★ :2020/08/07(金) 19:54:01.75 ID:Noj0OUp99.net

1回の充電で東京から福岡までの1000キロメートルを走る電気自動車(EV)は実現できるのか。現在のリチウムイオン電池をしのぐ蓄電池の有力候補に「フルオライドイオン電池」が名乗りを上げた。

京都大学とトヨタ自動車のチームが原型を試作し、電気をためる性能をリチウムイオン電池の7倍に高めるメドをつけた。答えが出たと考えるのはまだ早いが、世界中の研究者が解を探っている。



以下、有料会員記事のため、会員登録してご覧下さい↓

2020年8月7日 11:26
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO62404420X00C20A8TJM000?s=4


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts