【サッカー】名古屋に福岡…Jリーグにコロナ感染者続出で2度目の中断は時間の問題か


日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
169キロバイト (15,535 語) - 2020年8月3日 (月) 15:08



(出典 amd.c.yimg.jp)


セブンルール: Season 1 - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=ELnonZ9kkEXLNZsBPRFqy-2A


ウイルス感染が続出していますね…
Jリーグを楽しみにしている方々が困る様ですね…
ウイルス終息してほしいです…

1 伝説の田中c ★ :2020/07/30(木) 19:39:51.09

 再開Jリーグ初の試合中止となった26日の広島vs名古屋が、Jリーグ再中断の「契機になるかも知れない」とサッカー界で囁かれている。

 名古屋DF宮原和也の新型コロナ感染が25日に発覚。クラブは同日中に選手、スタッフ全員にPCR検査を実施。26日にMF渡辺柊斗とスタッフに陽性反応が出た。すると<名古屋と8月1日に対戦する柏>からクレームが付いた。Jリーグに「名古屋のホーム豊田スタジアムでの試合を延期していただきたい」と要望したというのだ。

 Jリーグは<二週間に一回>の公式PCR検査を実施。前回17日の公式PCR検査で陽性反応はゼロだった。しかし、DF宮原は24日に発熱と体調不良を訴え、新型コロナの感染が分かるとクラブは27日と29日に独自のPCR検査を実施。31日には公式PCR検査が行われる。だからといって8月1日の試合で<名古屋の選手に感染者はひとりもいない>という保証にはならない。柏の言い分は「もっとも」(Jリーグ関係者)である。

 27日には、J2福岡のスタッフに陽性反応者が出た。29日に福岡の本拠地で対戦する愛媛の選手やスタッフが「不安でいっぱい」なのは容易に想像できる。今回の名古屋と福岡の新型コロナ禍が「2回目のJリーグ中断という事態を引き起こす可能性は十分にある」(前出のJリーグ関係者)というワケなのだ。

「6月初旬には、名古屋のFW金崎とGKランゲラックが新型コロナに感染している。他チームから『名古屋はどうなっているのか? 車で移動して他府県の知人に会いに行ったり、こっそり<夜の街>でハメを外している選手、スタッフがいるのではないか?』といぶかる声が噴出している」とは前出関係者。プロ野球とは違い、サッカーは接触プレーが多い。Jリーグは、是が非でも今季を完遂する構えだが、柏や愛媛のように対戦に尻込みするチームが続出してもおかしくはない。

 2月25日の中断決定に続いて<第2波>に襲われるのは時間の問題か。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc97f23f3f5fd52f4d5d4137344ed3adf22d27f5


続きを読む

Related Posts