【野球】 自粛で練習が減ったら球速アップ? この夏、高校野球で起きている事。


自己検閲 (自粛からのリダイレクト)
^ 『閉された言語空間』占領軍の検閲と戦後日本 文春文庫 文藝春秋 ISBN 4167366088 江藤淳『閉された言語空間:占領軍の検閲と戦後日本』文春文庫、1994年。ISBN 4167366088 集団主義 プレスコード ポリティカル・コレクトネス 自粛警察
4キロバイト (541 語) - 2020年5月10日 (日) 02:44



(出典 pbs.twimg.com)


練習すると投手にしても球速・コントロールなどの調子が掴めますからね。偶然、練習しなくても球速などの調子が掴める事もありますからね。
これからも頑張ってください!

1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/27(月) 02:15:52.42

https://number.bunshun.jp/articles/-/844393

posted2020/07/26 09:00

近年の甲子園は、膨大な練習と膨大な食事を吸収できた"ガタイ”がいい選手が多い。しかし、もっと無理なく成長することができるとしたら……。 

text by
氏原英明
Hideaki Ujihara

photograph by
Hideki Sugiyama

 新型コロナウイルスはなかなか収束を見せないが、スポーツ界は徐々に活動が再開され始めた。プロ野球・Jリーグの2大プロスポーツが先駆けとなり、アマチュアスポーツも少しずつ活気を取り戻しつつある。

 野球界も「withコロナ」の生活様式を進めている。プロ野球の取材をしていても、変化を如実に感じる場面がある。

 プロ野球のパ・リーグを2連覇している西武は、ホームでの同一カード6連戦の最後の日、試合前のシートノックを行わなかった。またパ・リーグの首位・楽天は、中軸を担う3選手、浅村栄斗、ブラッシュ、ロメロの負担を休養日やDH起用で軽減しながら、チームをうまく循環させている。


 そして彼らは、試合でハイパフォーマンスを発揮している。チームが好調なのもうなずける。

 この流れは楽天だけでなく、怪我の多い今宮健太を温存しながら起用するソフトバンク、中村剛也をフレキシブルに指名打者で起用する西武なども共通だ。

 投手の継投も同じで、特定のリリーバーに負担をかけすぎないための配慮が加速している。





7イニング制のような新しい試みが。

 アマチュアの高校野球では甲子園が中止になったものの、各地区の独自大会が高野連抜きで行われている。日程は緩やかになり、大会の方式も各自治体の高野連が決定権を持っている。2018年、新潟県の高野連が球数制限を実施すると発表した際、除名も辞さない勢いだったことがまるで嘘のように自由な大会となっている。

 京都府の独自大会では7イニング制を採用。かつてマリナーズの菊池雄星も、「球数制限の代案」として7イニング制を提案していたことがある。「観ている方は面白い」という声も聞こえるが、京都府の試みが今後どう検証されていくか楽しみだ。



練習時間減少のプラス効果?

 部活動自粛などで練習時間が激減していることについても、実は意外な副産物があるという話を耳にするようになった。高校野球の指導者やトレーナーから聞こえてきたのは、こんな声だ。

・生徒たちの体が大きくなっている。
・投手の球速が伸びている
・飛距離が伸びた

 関西で高校生のトレーニング指導を行っているトレーナーは、こう証言している。

「自粛期間があっていつも通りの練習をしていないので、再開しても選手はなかなか動けないのではと思ったのですが、意外と体ができていることが多かった。さすがに身長は変わらないですが、横にがっしりしてきています。特に練習メニューの意味を選手たちが理解しているチームは、個々人が考えて練習をしていたのだろうと思います」

 言われたことをやる上意下達の色が濃かった高校野球界でも、トレーナーなどと関わることで選手の意識が向上しているケースも多そうだ。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://number.bunshun.jp/articles/-/844393?page=2


続きを読む

Related Posts