小島瑠璃子(26)、キングダム漫画家(45)と「福岡縁結び連泊愛」


小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
38キロバイト (5,033 語) - 2020年6月22日 (月) 06:36



(出典 www.news-postseven.com)


熱愛良いですね!
上手く結ばれると良いですね!
頑張ってください!

1 :2020/07/31(金) 16:40:42.64 ID:pfLdvVBJ0.net BE:292723191-PLT(19081)


(出典 img.5ch.net)

7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。
「女性は一際スタイルが良く目立っていました。よく見たら小島瑠璃子さん(26)でびっくりしました」(居合わせた買い物客)

彼女が親しげに寄り添った男性は、大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)だった。

買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。
さらに翌日、2人は車で志賀島を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。
その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。

小島は以前から大の『キングダム』ファンとして知られていた。
2015年5月に放送された『アメトーーク!』の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌カイのコスプレで登場。
これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りがあった。

2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、
『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、2人の対談が実現した。
初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。
仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。

原氏はかつて妻の存在を明かしていたが、事情を知る関係者が明*。
「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。
彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」
https://www.news-postseven.com/archives/20200731_1582784.html

(出典 www.news-postseven.com)


(出典 www.news-postseven.com)


(出典 www.news-postseven.com)


(出典 www.news-postseven.com)



(出典 Youtube)


続きを読む