「へたれガンダム」に武器


へたれガンダムは、福島県福島市平石地区に設置されている鉄像。 2009年か2010年(平成21年か22年)ごろ、当時は存命中だった地元のアマチュア鉄作家の男性(以降、「作者」)により、アニメ『機動戦士ガンダム』の主役モビルスーツ(ロボット)・RX-78-2 ガンダム
14キロバイト (2,001 語) - 2020年7月28日 (火) 14:49



(出典 stat.ameba.jp)


へたれガンダム像の武器が盗まれたから、何人かがお供え物として代わりの武器を供えた訳ですか!
良い方々ですね!

1 疣痔 ★ :2020/07/28(火) 20:17:02.41

へたれガンダム武器続々 盗難きっかけ 寄贈6件 ファン作品に愛
2020/07/28
https://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20200728-OYTNT50006/


(出典 www.yomiuri.co.jp)


 福島市平石地区のガンダム像が持つ「ビームライフル」が何者かに盗まれて以降、新しい武器を置いていく人が相次いでいる。
27日までの1か月半で六つ届けられ、さながら供え物のようだ。見た目はちょっと頼りなさそうな「へたれガンダム」に何が起きているのか。(井上大輔)

 ガンダムは田園地帯に立つ約2メートルの鉄製の像で、福島市のアマチュア鉄作家、佐々木忠次さんが制作し、2010年に設置した。
独特のガニ股の脚や丸みを帯びた顔で、まるで強そうに見えないことから、へたれガンダムと呼ばれるようになった。
 ファンの間では根強い人気があり、阿部克己区長(71)によると、現地を訪れて写真を撮る人もたまにいたが、武器を贈られたことは一度もなかった。

 きっかけは5月上旬、当初から手に持っていたビームライフルの盗難事件だった。6月に入って本紙を含むメディアが取り上げ、SNSでも話題になった。

 最初に置かれたのは遊戯銃だ。6月9日、ガンダムが手にしているのを阿部区長が発見。
その後も原作のテレビアニメ「機動戦士ガンダム」に登場する武器が続々と寄せられ、区長は近所の人に依頼して武器を掛ける鉄製ラックを作ってもらった。
 最初に盗まれたライフルは戻っていない。


続きを読む

Related Posts