「黒い雨」訴訟 84人全員被爆者と認める 広島地裁判決


黒い雨(くろいあめ)とは、原子爆弾投下後に降る、原子爆弾炸裂時の泥やほこり、すすや放射能などを含んだ重油のような粘り気のあるような大粒ので、放射性降下物(フォールアウト)の一種である。 原子爆弾が投下された広島市で、黒い雨の記録が残っている。また、フランスの核実験場であったムルロア環礁や、ソ連の核
10キロバイト (1,507 語) - 2020年2月11日 (火) 20:49



(出典 www3.nhk.or.jp)


勝訴で良かったですね!
原告側の頑張りですね!

続きを読む

Related Posts