「三角」「俵」「丸」…おにぎりの形は地域によって異なる? のりに違いも?


おにぎり(御握り)は、ご飯を三角形・俵形・球状などに加圧成型した食べ物である。通常は掌(てのひら)に載る程度の大きさに作る。「にぎり」「握り飯(にぎりめし)」「握飯(にぎりめし、にぎりいい)」、「むすび」「おむすび(御結び)」「おつくね」などともいう。 携行性に優れており、手づかみで食べられることか
89キロバイト (11,816 語) - 2020年7月6日 (月) 18:16



(出典 kosodate-kaiketsu.info)


おにぎりの形は様々で地域によって、形が違う様ですね…

続きを読む

Related Posts