【北海道】「タイマンをしよう」対立する少年グループのリーダー格2人を決闘容疑で書類送検 LINEで約束、素手で殴り合い…江別市


決闘罪ニ関スル件(けっとうざいにかんするけん、明治22年法律第34号)は、決闘および決闘への関与を禁止する日本の法律である。1889年12月30日に公布された。 決闘罪は全6条からなり、決闘を申し込んだ人、申し込まれた人、決闘立会人、証人、付添人、決闘場所提供者など決闘
10キロバイト (1,522 語) - 2020年7月11日 (土) 17:06



(出典 up.gc-img.net)


LINEで約束して殴り合いですか…
最初から喧嘩するつもりだったのですかね…

1 かばほ~るφ ★ :2019/11/21(木) 18:39:18.72

少年グループのリーダー格2人が決闘容疑…LINEで約束、素手で殴り合い
11/21(木) 18:22配信

LINEで決闘を約束し、殴り合いをしたとして、北海道警江別署は20日、
江別市の建設作業員の少年(16)と同市のアルバイト従業員の少年(17)を決闘容疑で書類送検した。

発表によると、少年2人は今年8月25日、「タイマン(1対1のけんか)をしよう」と決闘を約束。
翌26日午後7時頃、同市内の公園で素手で殴り合いをした疑い。2人は容疑を認めているという。

2人は対立する少年グループのリーダー格。
当時、現場では7人の少年が乱闘し、十数人の少年が見守っていた。
双方から被害届が出ないため、同容疑で立件した。

11/21(木) 18:22配信 読売新聞オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00050297-yom-soci


続きを読む

Related Posts