【鉄道】中国・欧州間の貨物列車、広東に初めて到着


貨物列車(かもつれっしゃ)とは、鉄道において貨物の輸送を目的とする列車であり、鉄道発祥以来運転されている。機関車が貨車を牽引する形態が主流であるが、貨車自体が動力を有する電動貨車や気動貨車、あるいは動力分散方式の貨物電車もみられる。客車と貨車を併結する混合列車(こんごうれっしゃ)という形態もある(後述)。
15キロバイト (2,228 語) - 2020年6月26日 (金) 23:42



(出典 afpbb.ismcdn.jp)


広東に初めて貨物列車が到着ですか!
運んできた貨物で広東の方々が喜んでいるでしょうね!

1 みつを ★ :2019/09/07(土) 04:07:53.84

https://www.afpbb.com/articles/-/3242802

中国・欧州間の貨物列車、広東に初めて到着
2019年9月6日 22:25 
発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

【9月6日 CNS】ベラルーシの丸太など1500トンもの物資を積んだ46両編成の貨物列車が8月28日午前、1か月近い旅を終え、中国・広東省(Guangdong)東莞市(Dongguan)の石龍(Shilong)鉄道国際物流センターに到着した。広東省に初めて到着した国際定期貨物列車便「中欧班列」で、広東とヨーロッパの間、輸出と輸入、双方向の運行を実現した。

【特集】改革開放40周年、写真で見る中国の昔と今

 列車は中鉄国際多式連運有限公司(China Railway Internatyional Multmodal Transport)が運営し、7月31日にベラルーシのミンスクから物資を満載して出発。ユーラシア大陸を横断して、満州里(Manzhouli)から中国に入国した。28日間をかけ、輸送距離は1万1884キロに上った。
(リンク先に続きあり)


続きを読む

Related Posts