米軍B29爆撃 岡山県内初は真庭市蒜山地域か 日米の戦時資料から浮かび上がる


B-29 (航空機) (B29爆撃機からのリダイレクト)
p. 348. ^ 井上和彦 (2018年8月6日). “B29に二度も体当たりして撃墜 米兵が恐れた板垣政雄軍曹”. NEWSポストセブン. 2019年4月27日閲覧。 ^ 犬尾博治 (2014年4月1日). “坂本中尉機とボーイングB29”. 諫早市. 2017年10月31日閲覧。 ^ 米国戦略爆撃調査団
253キロバイト (39,962 語) - 2020年7月25日 (土) 10:04



(出典 amd.c.yimg.jp)


B29の威力は凄かった様ですからね…
岡山にも空爆がありましたよね…
日本には、もう戦争しないでほしいです…

1 ヒアリ ★ :2020/07/19(日) 23:21:46.22

米軍B29爆撃 岡山県内初は真庭市蒜山地域か 日米の戦時資料から浮かび上がる
7/19(日) 20:21
配信 山陽新聞デジタル

 米軍のB29爆撃機による岡山県内最初の空襲が終戦1年前の1944年8月11日未明、真庭市蒜山地域だった可能性が高いことが県内外の専門家らの調査で分かった。現在の同市蒜山下長田の山中に焼夷(しょうい)弾が投下され、人的被害はなかったという。長崎空襲のために飛来したB29が標的を見失った後、蒜山に落としたとみられる。

 県内への空襲は、45年3月6日深夜、岡山市北区新庄下に爆弾6発を落としたのが最初とされてきたが、蒜山への空襲はこれを7カ月さかのぼる。8月11日はほぼ同時刻に、中国・成都を出撃したB29約30機による長崎空襲があった。B29が日本に初めて本格的に焼夷弾を投下した空襲だったとみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d6568b1bedb044790965c8a31196d654e9f5d8b


続きを読む

Related Posts