テドロス氏「先住民への影響懸念」 米大陸の感染拡大で


テドロスアダノム・ゲブレイェソス(英: Tedros Adhanom Ghebreyesus、ゲエズ文字:ቴዎድሮስ አድሓኖም ገብረኢየሱስ; 1965年3月3日 - )は、エチオピア出身の活動家、マラリア研究者。学位はPh.D.(ノッティンガム大学・2000年)。世界保健機関事務局長(第8
74キロバイト (9,115 語) - 2020年7月22日 (水) 21:01



(出典 img.news.goo.ne.jp)


米大陸も感染多数ですよね…
世界各国ですけどね…
早くウイルス終息してほしいです…

1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/21(火) 15:38:32.01

7/21(火) 15:19配信
朝日新聞デジタル

スイス・ジュネーブの世界保健機関(WHO)本部で20日、記者会見するテドロス・アダノム事務局長=国連のインターネット放送UNWebTVの映像から

 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は20日の記者会見で、米大陸が新型コロナウイルスの感染拡大の中心になっている状況を踏まえ、「先住民への影響を深く懸念している」と述べた。

 WHOによると、米大陸では今月6日の段階で、先住民がいるボリビアやブラジル、コロンビア、エクアドル、メキシコなどの国々で計7万人超が新型コロナウイルスに感染し、死者も2千人を超えた。

 テドロス氏は、先住民は医療や教育、福祉サービスへのアクセスが限られ、貧困や栄養不良などによって、新型コロナウイルスに感染した場合、特に危険な状況に陥ると強調した。

 WHOの米大陸地域事務所である汎米(はんべい)保健機構は15日、先住民の感染対策をまとめた加盟国向けの報告書を公表し、森林地帯といった人里離れた場所を想定して感染対策や予防の指針を示した。先住民と外部の人との接触が以前より増えているといったリスク要因や、啓発には地域の指導者を巻き込むことが重要だとする注意点を挙げている。

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJB971xSFgFcODSLqLaMrUGkf8OV73Hd_Xw--0t2_Y5w9SVJkJsX4frgnIWP9V1jM7uGSFCrWVkHWhtF_4fvtdmlynZawtQTPTMrOa4ZUrteDw==

https://news.yahoo.co.jp/articles/735c166e9f38d3577333125749117686c3e95366


続きを読む