【国際】米海軍の原子力空母2隻、南シナ海で再び軍事演習


原子力空母(げんしりょくくうぼ、英語: Nuclear-Powered Aircraft Carrier)は、原子力を動力源とする航空母艦(空母)。艦内に原子炉を搭載し、原子核反応による反応熱を熱源とする蒸気タービンを動力機関に備えた戦闘用の大型艦船で、長大な航続力を誇る。 原子力空母は通常英語では
28キロバイト (3,756 語) - 2020年7月21日 (火) 01:03



(出典 www.%E6%96%9C%E3%82%81%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9.tokyo)


中国をけん制目的で軍事演習している様ですね…
戦争にならなければ良いけど…

1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2020/07/21(火) 20:08:16.10

 米海軍の「ニミッツ(USS Nimitz、CVN-68)」と「ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan、CVN-76)」のニミッツ級航空母艦(原子力空母)2隻が17日、南シナ海で再び軍事演習を行った。

 これに先立ち、米海軍は今月4日にも南シナ海で軍事演習を行っている。空母2隻には兵士ら1万2000人が乗艦し、空母に随行するイージス艦複数隻も演習に参加した。米海軍の一連の動きは、中国をけん制することが狙いとみられる。

 なお、マイク・ポンペオ米国務長官は13日、中国が南シナ海ほぼ全域の領有権を主張していることについて「完全に不法」とする声明を発表した。その直後の14日、米海軍はチュオンサ諸島(英名:スプラトリー諸島、中国名:南沙諸島)の付近を航行し、「航行の自由作戦」を行った。

 ベトナム外務省のレ・ティ・トゥー・ハン報道官は先日開かれた定例記者会見で、各国が南シナ海の平和と安定を維持するために努力し、国際法に従い対話やその他の平和的手段によって紛争を解決すべきとした。

https://www.viet-jo.com/home/magi*_img.php/200721112445jpeg?part(300)




VIETJO 2020/07/21 12:23 JST配信
https://www.viet-jo.com/news/politics/200721112458.html


続きを読む

Related Posts