【野球】プロ志望高校生の「合同練習会」開催へ 8月に甲子園、9月に東京ドーム


プロ志望届プロしぼうとどけ)は、プロスポーツを志す日本の学生が所属する連盟に提出する届出書類。 現在、野球やバスケットボールにおいて制度化されており、本項では双方について解説する。 正式名称は「プロ野球志望届」。 プロ野球団に入団を志す高等学校3年在籍者が日本高等学校野球連盟に、大学4年在籍者が全
10キロバイト (1,467 語) - 2019年10月17日 (木) 23:15



(出典 news.biglobe.ne.jp)


プロを目指す球児達が甲子園か東京ドームで練習ですか!
本格的な場所での練習は格別ですね!
期待の新人を楽しみにしています!

1 ニーニーφ ★ :2020/07/21(火) 09:14:26.87

 日本高野連と日本野球機構(NPB)は20日、プロ野球を目指す高校3年生による「プロ志望高校生合同練習会」を8月29、30日に甲子園、9月5、6日に東京ドームで開催すると発表した。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大で春の選抜大会、夏の全国高校選手権大会が中止に。
各都道府県で代替大会が実施されているが、スカウトの視察が制限されている地区もあり、機会の平等性を担保するために高校3年生の“アピール会”として異例の場が設けられた。

 日本高野連に登録し、「プロ野球志望届」を提出した3年生が対象。
NPB統一球と高校野球の規格に適合したバットを使用する。プロ野球のスカウトに加え、大学野球や社会人野球、独立リーグの関係者も視察できるが、一般のファンは入場できない。
参加者にとっては10月26日のドラフト会議に向けた貴重な機会となる。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20200721/hig20072105000003-n1.html
引用元:サンスポ


続きを読む

Related Posts