小学5年の川崎辿皇くんが亡くなってから1年。母親運転の車に折れた松の木が直ゲキ。虹の松原 


虹の松原 虹の松原(にじまつばら)は、佐賀県唐津市唐津湾沿岸に広がる松原。 日本三大松原ひとつで特別名勝に指定され、日本白砂青松100選、日本渚百選、かおり風景100選、日本道100選にも選ばれている。玄海国定公園一部。幅約500 m、長さ約4.5 km にわたって弧状に約100万本のクロマツの林が続く。面積は約216
6キロバイト (749 語) - 2019年4月10日 (水) 03:52



(出典 www.karatsu-kankou.jp)


悲惨な事故でしたからね…
人々の安全と景観の両方を重視するなら、その景観場所を通行止めにすれば良いかもですけど…

1 スナネコ(SB-Android) [US] :2020/07/20(月) 17:13:33.54


「危険」な松215本、今も…安全と景観どう両立? 小5死亡事故1年


https://news.yahoo.co.jp/pi*up/6365968

 佐賀県唐津市の国特別名勝「虹の松原」で折れた松と車が衝突し、同市の小学5年の川崎辿皇(てんこう)君=当時(11)=が亡くなった事故から20日で1年を迎える。
42本の松が伐採されたが、県が樹木医の調査を踏まえて危険と判断した215本は今も現地にある。「唐津の宝」の松を残すよう求める声もあり、国と関係自治体の協議は停滞、安全対策と景観保全を両立する答えを見いだせていない。


続きを読む